2019年02月14日

和歌山バス、2020年にIC対応へ

和歌山市は12日、新年度の当初予算の概要を発表しました。

記者発表資料はこちら。9.6MBありますのでモバイル環境の方はご注意下さい。
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/022/409/20190212-1.pdf

こちらのPDFの19ページに公共交通政策が取り上げられており、路線バスのICカード対応支援に3363万円が計上されています。「2020年度を目処に交通系ICカードシステム導入」とあることから、和歌山バスが2020年春にもICカードで利用できることがほぼ確実となりました。
同じ欄には、元気70パスなど和歌山市の外出支援バスカードのIC化も謳われているほか、「KANSAI ONE PASS」への対応も記載されていることから少なくともICOCAへの対応はなされるとみられますが、SuicaやTOICAなどいわゆる「10カード」とよばれる全国交通系ICカードの共通利用にまで踏み込むかは明記はされていません。

またこれ以外では、既報の加太地区デマンドタクシー事業の継続、現在紀三井寺団地地区で運行されている「地域バス」の他地域での運行に向けた検討、LRT・BRTなど新交通システムの導入可能性調査を行うことが盛り込まれています。

当初予算は2月定例市議会で審議され、可決されれば、上記の取り組みが本格的に動き出すことになります。  
Posted by わかやま小町 at 08:52Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年02月08日

いろいろ発表されました!

ここ最近、様々な発表がありました。まとめてお知らせしますね。

◆南海電鉄

先日加太線の「めでたいでんしゃ」の「さち」編成と「かい」編成が連結して、なんばまで「新婚旅行」しましたが、3月31日に「さち」と「かい」の子どもとして第3編成が登場することになりました。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190207_3.pdf (PDF・1.3MB)

今後は真っ赤。加太線の沿線7駅に縁起物・ご利益を設定し、乗るだけで幸せになれるかも?という趣向が満載。車内にインスタスポットも?!
これは楽しみ!
ちなみに、加太線7駅のご利益は以下の通り。
 加太駅・・・恋愛成就
 磯ノ浦駅・・・芸事上達
 二里ヶ浜駅・・・安産祈願
 西ノ庄駅・・・無病息災
 八幡前駅・・・縁結び
 中松江駅・・・金運招来
 東松江駅・・・立身出世

また、去年の台風21号による影響で駅舎が全焼した南海線の尾崎駅は3月23日から駅舎が復旧します。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190207_4.pdf


◆JR西日本

 2月23日の和歌山線で新型車両に手を振ろうキャンペーンのあと、橋本駅で車両展示が行われることが発表されました。11:50~12:40まで、車内を自由に見学できます。
 http://www.westjr.co.jp/press/article/2019/02/page_13777.html
 なお「わかやま小町」では、手を振ろうキャンペーンに参加される方を対象に、簡易横断幕を作成するサービスを行っています。まだ余裕がありますので、ぜひご利用ください。


◆ここからはわかやま小町として入手した情報です

 まず、年度内にバスロケーションシステムが導入される予定の和歌山バスですが、先日からバス車両にGPS端末が順次搭載されているそうです。車載機器の交換を伴うため、1日に数両程度のペースだそうですが、年度末までにすべての車両にGPSが搭載され、準備ができ次第、バスロケーションシステムがスタートします。
 バス停等に掲出された2次元コードを読み込めば、携帯電話・スマートフォンでウェブサイトにアクセスでき、バスの走行位置を把握することができるようになる見込み。

 和歌山市では今年度、デマンドタクシーの実証運行が加太、小倉、和佐、湊の4地区で実施されています。このうち昨年度と今年度実証運行されている加太地区は本格運行への準備が進められています。加太駅から加太港や淡嶋神社への観光客にもデマンドタクシーを利用してもらえるよう利用促進を進めたいとのこと。ほかの3地区につては来年度どうなるかは現在のところは未定ですが、加太地区の例をみると来年度も引き続き実証運行は行われるのではないかと思われます。
 また、木の本・松島地区などでも地域バスもしくはデマンドタクシーのニーズが和歌山市に上がっているそうで、運行に向けた検討が行われれるようです。

 和歌山市の市報で、改修工事が予告されていた南海和歌山市駅前バス乗り場ですが、まず現行の1~4番乗り場を他の乗り場に統合する形で集約し、工事が間もなく開始される予定だそうです。このため、市駅前バス乗り場は一部が変更になる模様です。情報が入りましたらお知らせします。  
Posted by わかやま小町 at 23:02Comments(0)和歌山交通ニュース