2019年02月28日

和歌山バス、和歌山バス那賀、3月31日限りで一部系統廃止

和歌山バス、和歌山バス那賀は3月31日限りで一部系統を廃止します。

まず和歌山バスは、
●和歌山市内線22系統 JR和歌山駅-公園前-和歌浦口-布引南-浜の宮海水浴場前-マリーナシティ
●木の本線176系統 和歌山大学前駅西口-ふれあいの郷
の2系統を廃止します。

22系統は前回のダイヤ改正で年1日だけ運行という免許維持路線となり、昨年5月6日に1往復のみ運行されましたが、今回路線自体が廃止となります。176系統は和歌山大学前駅開業時に設置され、土休日のみ運転されていましたが、利用が伸びず、廃止となります。


和歌山バス那賀は、
●那賀線211系統 南海和歌山市駅-本町2丁目-八軒家-岩出-打田-粉河駅前-那賀営業所前
●紀伊打田線43系統 F.B,T-紀伊駅前-紀の川市役所前-公立那賀病院
の2系統を廃止します。

211系統は現在1往復のみの運転となっており、213系統(南海和歌山市駅-八軒家)の出入庫運用に過ぎない状態となっていましたが、今回それが廃止となります。43系統は開設当時はさんさんセンター紀の川発着で、毎時1本程度確保され、紀伊粉河線との共通定期券を導入するなどの積極策を取りましたが、利用は伸びず、数年での路線廃止となってしまいました。
なお、那賀線は213系統と、小学校の通学利用がある15系統(岩出-那賀営業所)は存続となります。


ちなみに、和歌山市公共交通会議では他にも路線廃止の予定が公表されていましたが、実際には廃止系統は縮小となりました。和歌山市では新年度、紀三井寺団地地区以外での地域バス導入の検討を進めることを明らかにしていることから、地域バス導入を前提に、暫定的にバスの運行を継続する形になったものとみられます。

同じカテゴリー(和歌山交通ニュース)の記事画像
wap+ 2019年改訂版間もなく登場!
2月23日、和歌山線新型車両に手をふろうキャンペーン!
JR西×わか電、鉄むすコラボ実現!
和歌山・奈良地区新型車両227系1000番台 報道公開!
9月2日、貴志駅前に観光交流拠点オープン!そしてあのボタンが…?!
来年1月5日はあの見習いが昇格…?
同じカテゴリー(和歌山交通ニュース)の記事
 wap+ 2019年改訂版間もなく登場! (2019-03-14 23:53)
 南海、4月6日ダイヤ改正 ほか (2019-03-06 23:48)
 市駅バス乗り場、工事により6ヶ所に集約へ (2019-02-20 20:44)
 和歌山バス、2020年にIC対応へ (2019-02-14 08:52)
 いろいろ発表されました! (2019-02-08 23:02)
 2月23日、和歌山線新型車両に手をふろうキャンペーン! (2019-01-23 20:38)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。