2019年03月22日

今年も実施!貴志川線でたけのこ掘り/和歌山バス新ダイヤ

◆貴志川線でたけのこ掘り
毎年恒例の貴志川線でたけのこ掘り、今年は4月6日土曜日と14日日曜日に開催が決まり、現在ウェブサイトで申し込みを受付けています。
会場は和歌山市四季の郷公園ネイチャーセンターで、両日とも12:20に伊太祈曽駅集合。徒歩で四季の郷公園に向かい、13時からたけのこ掘り開始。

・参加資格 当日貴志川線で来場できる人
・参加費 中学生以上1,000円(伊太祈曽駅までの交通費は別途必要)で、乗車券引換券500円分がついてきます
・定員 各日120名

わかやま電鉄のウェブサイトから申込ください。4月1日まで受け付け、応募多数の場合は抽選となります。
毎年大人気のたけのこ掘り。ぜひこの機会に。


◆和歌山バス新ダイヤ、間もなく
和歌山バスの新ダイヤのバス停への掲出が始まっています。
今回のダイヤ改正では、既報の22系統・176系統の廃止のほか、55系統(JR和歌山駅-雄松町-塩屋-和歌浦口)が南海和歌山市駅発着に延伸となります。また、32系統(長路→雑賀崎→南海和歌山市駅)・77系統(南海和歌山市駅-次郎丸-和歌山大学)が休止、72系統(和歌山大学→延時→JR和歌山駅)が復活、といった変化もあります。

和歌山市内線などは大きな変化はありませんが、JR和歌山駅発でみますと、3番乗り場からの南海和歌山市駅ゆきの平日ダイヤで、終発が22時台に大幅に繰り下がっているのを確認しました。一部で大きな変化がありそうです。
間もなくウェブサイトでの新ダイヤ案内が始まると見られますので、期待したいところです。  
Posted by わかやま小町 at 19:38Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年03月14日

wap+ 2019年改訂版間もなく登場!

もともと和歌山の交通まちづくりを進める会「わかやま小町」が制作し、和歌山市交通政策課と協働で、市内公共交通機関の利用促進を図るためにこれまでに何度か配布されてきた、和歌山都市圏公共交通路線図「wap」が、和歌山市事業として「wap+(ワッププラス)」に衣替えしました。

このほど、2019年4月改訂版ができあがりまして、そのサンプルをいただきました。今回の改訂では和歌山バス・和歌山バス那賀のダイヤ改正、南海和歌山市駅前バス乗り場の改修に伴う変更のほか、掲載されている施設の一部見直し、バスロケーションシステムへアクセスできる2次元コードの追加などの修正が施されています。今回、その修正の一部はわたくしどもが担当させていただきました。


まずは明日から市内各支所・連絡所等で順次始まる、和歌山市の高齢者外出支援事業「元気70パス」配布に合わせてお目見えします。そちらでいくらか配布された後、市役所や市内サービスセンターなどで配布が始まる見込みです。
なおバスロケーションシステムは現在も試験運用中で、まだ正常には動作しませんのでご注意ください。


それと、訪日外国人向けのwap+について、今年は中国語(繁体字・簡体字)バージョンが登場します。現在最終の校正が行われており、印刷でき次第、市内の観光案内所をはじめ各施設で配布が始まる予定です。こちらも中国語へのマップへの反映作業をわたくしどもが担当いたしました。こちらもぜひご活用ください。  
Posted by わかやま小町 at 23:53Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年03月06日

南海、4月6日ダイヤ改正 ほか

●南海、4月6日ダイヤ改正
南海電鉄は今日、4月6日に南海線・空港線などのダイヤ改正を行うことを発表しました。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190306.pdf

大きいのは空港線の輸送増強で、空港特急・空港急行の増発と8両編成の増加ですが、和歌山地区では、特急サザンの発車時刻がこれまでの毎時29・59分発から原則として毎時00・30分とわかりやすいダイヤに変わります。なお、空港急行の増発にともなって、なんば発和歌山市ゆきの区間急行の一部が空港急行に振り替わることから、和歌山市発着の優等列車が若干減ることになりそうです。

加太線・和歌山港線などでも時刻変更があるようです。これまでの傾向からしますと、今月末までには新ダイヤが公開されるものと思われます。

●JR西日本、227系新型車両出発式を3月16日に開催
先日の新型車両に手を振ろうが大きな反響をよんだ和歌山線の新型車両ですが、運用初日となる3月16日の9:50から、和歌山駅7・8番ホームで出発式が行われることになりました。
県知事や沿線の首長のほか、特別ゲストに体操の元日本代表の田中理恵さんも登場予定。テープカットののち、10:20発粉河ゆきが出発式の対象列車になるようです。なお、今回のダイヤ改正で227系が運用されるのは従来の4両編成の117系運用に限られていることから、この出発式で充当される新型車両はまずはこの日だけの措置になるようです。
今年秋までに追加で増備され、順次2両編成の列車を置き換えていくことになる見込みです。


●わか電チャギントン電車、パワーアップ!
わかやま電鉄さんからリリースをいただきました。3月16日から親会社の岡山電気軌道が導入する「チャギントン電車」のPRを兼ねて、わかやま電鉄の2272編成施されているチャギントンラッピングに加え、先日シート生地もチャギントンに変更となりました。このたび、内装にもさらに手を加えて3月9日にお披露目されることになりました。

3月9日土曜日の10:50から、伊太祈曽駅構内で内覧会が実施され、小嶋社長の挨拶のほか、沿線の保育園児を招いた見学会が行われます。このあとは一般公開も予定されているとのこと。その後、営業運転に入る予定です。


●和歌山バスのバスロケ試験運用中
和歌山バスが和歌山県・市の補助金も活用しながら導入準備を進めているバスロケーションシステム、試験運用中のURLを見つけた方がいらっしゃるようで、Twitterで一部報じられています。
当方では、和歌山市からいただいた情報で画面を拝見しましたが、現在のところ、指定したバス停に接近しているバスの運行情報、指定したルートを走行するバスの運行情報などのほか、ツーステップバス・ワンステップバス・ノンステップバスの3タイプの車両のナンバーごとにどこを走行しているかがわかるページが準備されているようです。

ただし、現在も試験運用中のため、日々メニューが変わっていっているようです(数日前にはまだツーステップ・ワンステップ・ノンステップバスの種別ごとの車両検索はありませんでした)。まだ車両側の準備も途中で、現時点では正しく表示できないものも多数あります。
4月予定とされているサービスインのタイミングでどのような情報が提供されるか、楽しみに待つことにしましょう。  
Posted by わかやま小町 at 23:48Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年02月28日

和歌山バス、和歌山バス那賀、3月31日限りで一部系統廃止

和歌山バス、和歌山バス那賀は3月31日限りで一部系統を廃止します。

まず和歌山バスは、
●和歌山市内線22系統 JR和歌山駅-公園前-和歌浦口-布引南-浜の宮海水浴場前-マリーナシティ
●木の本線176系統 和歌山大学前駅西口-ふれあいの郷
の2系統を廃止します。

22系統は前回のダイヤ改正で年1日だけ運行という免許維持路線となり、昨年5月6日に1往復のみ運行されましたが、今回路線自体が廃止となります。176系統は和歌山大学前駅開業時に設置され、土休日のみ運転されていましたが、利用が伸びず、廃止となります。


和歌山バス那賀は、
●那賀線211系統 南海和歌山市駅-本町2丁目-八軒家-岩出-打田-粉河駅前-那賀営業所前
●紀伊打田線43系統 F.B,T-紀伊駅前-紀の川市役所前-公立那賀病院
の2系統を廃止します。

211系統は現在1往復のみの運転となっており、213系統(南海和歌山市駅-八軒家)の出入庫運用に過ぎない状態となっていましたが、今回それが廃止となります。43系統は開設当時はさんさんセンター紀の川発着で、毎時1本程度確保され、紀伊粉河線との共通定期券を導入するなどの積極策を取りましたが、利用は伸びず、数年での路線廃止となってしまいました。
なお、那賀線は213系統と、小学校の通学利用がある15系統(岩出-那賀営業所)は存続となります。


ちなみに、和歌山市公共交通会議では他にも路線廃止の予定が公表されていましたが、実際には廃止系統は縮小となりました。和歌山市では新年度、紀三井寺団地地区以外での地域バス導入の検討を進めることを明らかにしていることから、地域バス導入を前提に、暫定的にバスの運行を継続する形になったものとみられます。  
Posted by わかやま小町 at 22:35Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年02月20日

市駅バス乗り場、工事により6ヶ所に集約へ

市報わかやまで予告されていた南海和歌山市駅前バス乗り場改修工事に伴い、乗り場が現状の11ヶ所から6ヶ所に集約されることが発表されました。
http://www.wakayamabus.co.jp/news/wakayamashi_noriba/

3月4日から以下のようになります。
1番乗り場・・・本町2丁目・JR和歌山駅方面
 高速夜行バス、本町線(0系統)、紀三井寺線・塩屋線のうち本町2丁目・JR和歌山駅を経由する40・42・44・52系統

2番乗り場・・・和歌山市内方面(国道42号線方面)
 和歌山市内線(城北橋経由・本町2丁目経由)、市内雑賀崎循環線、湊線、和歌山大学線のうち城北橋を経由する273系統

3番乗り場・・・和歌山市内の42号線以外の幹線道路方面
 塩屋線(ぶらくり丁経由の53・56系統)、西浜新和歌浦線、鳴神線・岡崎線・紀和線の貝柄町を経由する系統

4番乗り場・・・和歌山市北西部方面
 和歌山大学線のうち次郎丸を経由する系統、木の本線、藤戸線、坂田線

5番乗り場・・・和歌山市北東部方面
 六十谷線、楠見線

6番乗り場
 和歌山バス那賀

工事の進捗により、場所が変わることになりますので、利用の際は注意してくださいね。


なお、2月15日、車載カードリーダーの不具合に伴い、バスカードにトラブルが発生しています。
http://www.wakayamabus.co.jp/news/kasyu20190220/
 17時56分 マリーナシティ発南海和歌山市駅行 42系統
 19時06分 南海和歌山市駅発JR和歌山駅行 0系統

和歌山バスでは今年春のバスロケーションシステム導入に向けて車載装置の更新をおこなっていることから、その際になんらかのトラブルが発生したものとみられます。該当便に乗車されてバスカードを利用された方は、JR和歌山駅・南海和歌山市駅の定期券売り場もしくは、和歌浦口の営業所に申告すれば、差額の返金が受けられます。
なお、バスカード裏面に記載されている、乗車日・利用系統・利用区間を表す数字が利用の証拠となりますので当該バスカードをお忘れなく。  
Posted by わかやま小町 at 20:44Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年02月14日

和歌山バス、2020年にIC対応へ

和歌山市は12日、新年度の当初予算の概要を発表しました。

記者発表資料はこちら。9.6MBありますのでモバイル環境の方はご注意下さい。
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/022/409/20190212-1.pdf

こちらのPDFの19ページに公共交通政策が取り上げられており、路線バスのICカード対応支援に3363万円が計上されています。「2020年度を目処に交通系ICカードシステム導入」とあることから、和歌山バスが2020年春にもICカードで利用できることがほぼ確実となりました。
同じ欄には、元気70パスなど和歌山市の外出支援バスカードのIC化も謳われているほか、「KANSAI ONE PASS」への対応も記載されていることから少なくともICOCAへの対応はなされるとみられますが、SuicaやTOICAなどいわゆる「10カード」とよばれる全国交通系ICカードの共通利用にまで踏み込むかは明記はされていません。

またこれ以外では、既報の加太地区デマンドタクシー事業の継続、現在紀三井寺団地地区で運行されている「地域バス」の他地域での運行に向けた検討、LRT・BRTなど新交通システムの導入可能性調査を行うことが盛り込まれています。

当初予算は2月定例市議会で審議され、可決されれば、上記の取り組みが本格的に動き出すことになります。  
Posted by わかやま小町 at 08:52Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年02月08日

いろいろ発表されました!

ここ最近、様々な発表がありました。まとめてお知らせしますね。

◆南海電鉄

先日加太線の「めでたいでんしゃ」の「さち」編成と「かい」編成が連結して、なんばまで「新婚旅行」しましたが、3月31日に「さち」と「かい」の子どもとして第3編成が登場することになりました。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190207_3.pdf (PDF・1.3MB)

今後は真っ赤。加太線の沿線7駅に縁起物・ご利益を設定し、乗るだけで幸せになれるかも?という趣向が満載。車内にインスタスポットも?!
これは楽しみ!
ちなみに、加太線7駅のご利益は以下の通り。
 加太駅・・・恋愛成就
 磯ノ浦駅・・・芸事上達
 二里ヶ浜駅・・・安産祈願
 西ノ庄駅・・・無病息災
 八幡前駅・・・縁結び
 中松江駅・・・金運招来
 東松江駅・・・立身出世

また、去年の台風21号による影響で駅舎が全焼した南海線の尾崎駅は3月23日から駅舎が復旧します。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190207_4.pdf


◆JR西日本

 2月23日の和歌山線で新型車両に手を振ろうキャンペーンのあと、橋本駅で車両展示が行われることが発表されました。11:50~12:40まで、車内を自由に見学できます。
 http://www.westjr.co.jp/press/article/2019/02/page_13777.html
 なお「わかやま小町」では、手を振ろうキャンペーンに参加される方を対象に、簡易横断幕を作成するサービスを行っています。まだ余裕がありますので、ぜひご利用ください。


◆ここからはわかやま小町として入手した情報です

 まず、年度内にバスロケーションシステムが導入される予定の和歌山バスですが、先日からバス車両にGPS端末が順次搭載されているそうです。車載機器の交換を伴うため、1日に数両程度のペースだそうですが、年度末までにすべての車両にGPSが搭載され、準備ができ次第、バスロケーションシステムがスタートします。
 バス停等に掲出された2次元コードを読み込めば、携帯電話・スマートフォンでウェブサイトにアクセスでき、バスの走行位置を把握することができるようになる見込み。

 和歌山市では今年度、デマンドタクシーの実証運行が加太、小倉、和佐、湊の4地区で実施されています。このうち昨年度と今年度実証運行されている加太地区は本格運行への準備が進められています。加太駅から加太港や淡嶋神社への観光客にもデマンドタクシーを利用してもらえるよう利用促進を進めたいとのこと。ほかの3地区につては来年度どうなるかは現在のところは未定ですが、加太地区の例をみると来年度も引き続き実証運行は行われるのではないかと思われます。
 また、木の本・松島地区などでも地域バスもしくはデマンドタクシーのニーズが和歌山市に上がっているそうで、運行に向けた検討が行われれるようです。

 和歌山市の市報で、改修工事が予告されていた南海和歌山市駅前バス乗り場ですが、まず現行の1~4番乗り場を他の乗り場に統合する形で集約し、工事が間もなく開始される予定だそうです。このため、市駅前バス乗り場は一部が変更になる模様です。情報が入りましたらお知らせします。  
Posted by わかやま小町 at 23:02Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年01月23日

2月23日、和歌山線新型車両に手をふろうキャンペーン!

JR西日本和歌山支社と和歌山線沿線自治体では、3月のダイヤ改正で和歌山線にデビューする新型車両227系1000番代に手をふろうキャンペーンを実施することになりました。
沿線で新型車両に向かって手を振る様子は、全国的に高い評価を受けている那賀高校放送部のみなさんが撮影し、全国に発信する和歌山線のプロモーションムービーになります。
 

こちらが新型車両。 

【時刻(おおよその目安です)】
 和歌山駅 10:30頃発車 → 岩出駅 11:00頃通過 → 粉河駅 11:15頃通過 → 妙寺駅 11:30頃通過 → 橋本駅 11:45頃到着
            
【楽しむためのポイント】
・誘い合ってたくさんの方で参加を!
・沿線の好きな場所で横断幕やメッセージボードなど様々なパフォーマンスで魅力発信を!
・線路から50m以上離れたるとムービーに映る時間が長くなる反面、近すぎると逆に映らないこともあります

【注意】
・迷惑駐車、無断で私有地に入るなどの行為はやめてください
・危険なので線路や無人駅への立ち入りは避けてください
・安全には十分注意ください
・危険物の持ち込みやごみもポイ捨てはやめてください

・当該列車には乗車できません
・時刻は変更もしくは中止になることもあります  
Posted by わかやま小町 at 20:38Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年01月22日

紀の川市地域公共交通網形成計画のパブコメ募集

先日、和歌山市の地域公共交通網形成計画策定に向けてのパブコメ募集をご紹介しましたが、紀の川市も同様のパブコメの募集を開始しました。

『地域公共交通でおでかけ、人に会いに行きたくなるまち』を目指す将来像として、利用実態に応じた適材適所のサービスの提供、市民・事業者・行政がともに担い手の意識を持った地域公共交通ネットワークの維持、選ばれる地域公共交通となるための環境整備の3つの基本方針を掲げています。

公共交通機関の人口カバー率が県内トップの紀の川市ですが、人口減少の傾向が加速していること、公共交通機関の本数が少ないことなど、将来を見通すと難題が山積しています。地域公共交通が生活に溶け込むように、また住民自身が守りたいと思われるような施策を目指すとしています。                                

【地域公共交通ネットワーク(案)のポイント】
・都市拠点と位置付けられている打田地域を拠点としたネットワークづくり
・地域(旧町の各拠点)間を結ぶ公共交通軸(幹線軸)の充実
・幹線軸に設けた交通拠点からのきめ細やかな端末サービス軸(生活支援軸)の設定

具体的な施策としては、利用客が減少している地域巡回バスの路線は運行曜日の限定やデマンド型の路線に切り替え、生まれた余力で打田地区と貴志川・桃山、粉河・那賀の両地区を結ぶ流れを強めます。また拠点となるバス停の機能強化を図ることを打ち出しています。


現行の案はこちら。紀の川市民のみなさん、ぜひこちらからご覧ください。
http://www.city.kinokawa.lg.jp/sousei/kotsu-kaigi/public-comment-2019.html  
Posted by わかやま小町 at 23:07Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年01月22日

わか電の猫社員がLINEスタンプに!

今日、恒例のバレンタインチョコの発売記念イベントがありましたが、こちらに映像つきで記事が出ております。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010001-wakayamav-l30

そんな今日、さらにサプライズニュースが入ってきました。

たまをはじめ、わかやま電鉄が誇る猫社員の写真を用いたLINEクリエイターズスタンプが、明日登場します。
価格は240円、32種類収録とのこと。

スタンプの販売開始は明日1月23日17時ですが、ストアへの反映に時間がかかる可能性がありますのでご了承を。

お求めは、LINE STORE または、LINEアプリ内スタンプショップ クリエイターズスタンプ https://line.me/S/sticker/6345022 (販売開始時刻以降アクセス可能)からどうぞ。  
Posted by わかやま小町 at 21:05Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年01月20日

今年はリニューアル!たまバレンタインチョコ!

わかやま電鉄は今年もたま駅長をデザインしたバレンタインチョコを発売することを発表しました。
今年は、これまでよりも価格を抑えて、発売個数を増やすリニューアルを敢行したとのことです。

販売個数 1,440個(窓口販売+ネット販売)
販売開始 1月22日(火) 11時過ぎからの貴志駅でニタマ駅長同席による写真撮影終了後(ネット販売は同日14時から)
発売価格 1,080円(税込)
商品内容 たま(スイートチョコ)1個、ニタマ(ホワイトチョコ)2個、黑の助(スイートチョコ)1個の4個入り
 パッケージデザインは水戸岡鋭治さん。わか電で購入すると、たま、ニタマ駅長の実物型取り肉球印を押したポストカード1枚付き!

販売窓口 (売り切れ次第終了)
 伊太祈曽駅窓口(9時~17時30分まで)
 貴志駅たまショップ(10時~16時15分まで)
 ネット販売 1月22日(火)午後2時から、売り切れ次第終了(いちご電車グッズショップ http://ichigoec.com/
 岡山高島屋・夢二郷土美術館本館(ポストカードはつきません)

詳しくはこちらを。
https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2019/01/19/%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%BB%E9%BB%91%E3%81%AE%E5%8A%A9%E3%80%8A%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%80%8B2019-1-22/  
Posted by わかやま小町 at 21:49Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年01月17日

和歌山市の公共交通網形成計画のパブコメ開始

和歌山市では今年度内に策定を目指している「地域公共交通網形成計画」と「都市・地域総合交通戦略案」に関するパブリックコメントの受付を開始しました。

2019年度から2023年度の5カ年を対象に、交通政策に関する政策・施策の考え方と数値目標などが示されています。

交通に求められる機能として、
・市民の日常生活を支える
・中心市街地活性化への寄与
・地域拠点づくりへの寄与
・住みよいまちづくり、健康な暮らしへの寄与
・観光活性化への寄与
の5つを挙げ、「すべての人に安心、安全に利用できる持続可能な公共交通ネットワークの構築」を基本理念に掲げています。

和歌山市の長期総合計画や都市計画マスタープランでは、和歌山市内に10の地域拠点を設けることとしていますが、それに準じ、地域拠点に移動を集約させる支線と、各地域拠点と都市中心部を結ぶ基幹路線を構築するイメージを示しています。
それをベースに、バス路線の再編・運行効率化、バスの機能向上、鉄道・バスの乗り継ぎの改善、市内中心部の駐車場とバス路線を接続させ回遊性を高める「フリンジバーキング」の促進、デマンド交通の検討・・・などといった項目が挙げられています。

今は自動車を運転できても高齢になったり、病気やケガなどで運転が困難になることだって有り得る話。まちの「移動」について、じっくりと考えてみませんか。
以下のページに資料が掲載されていますので、ご覧いただき、なにか意見があれば記載の宛先までお知らせください。

和歌山市地域公共交通網形成計画及び和歌山市都市・地域総合交通戦略(案)に対する市民意見募集について
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/kurashi/douro_kouen_machi/1007740/1022036.html  
Posted by わかやま小町 at 20:42Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年01月04日

2019年の動きは?

2019年、和歌山都市圏の公共交通はどのように変わっていくのか、注目ポイントをまとめてみました。

★和歌山線に新型車両導入!
 既報ですが、3月のJRダイヤ改正に合わせて和歌山線(一部きのくに線)に新型車両227系1000番代が導入されます。順次導入が進み、2019年度中に和歌山線・桜井線、おそらく紀勢線和歌山-和歌山市間も含めて、すべてJR化以降の車両に置き換わる見込み。2020年春には和歌山線の全線でICOCAをはじめとしたICカードでの利用ができるようになる予定です。
 全車導入が完了したあとの大型ダイヤ改正(2020年春?)で、紀南地区や御坊-紀伊田辺間のワンマン列車まで新型車両に置き換えが実施されるのかどうか、今から気になるところ。これが実現すれば、和歌山県が全国初、全線がオールJR型車両での運転になるのですが…

★和歌山バスも徐々に進化
 まず、今年の春までにバスロケーションシステムが導入される予定となっています。今のところ特段の動きは聞こえてきていませんが、今年度、和歌山県・和歌山市がバスロケ導入への補助金を予算化していますので、4月までには整備されるはず。
 当初の予定では、2020年春にはICカードの利用ができるようになる見込みです。2018年春に策定された和歌山県の長期総合計画においても、特急停車駅を発着するバス路線のIC対応を促進するとうたわれていますので、まずは県都から。ということで、和歌山県・和歌山市の新年度予算に期待です。
 なお、昨年のダイヤ改正で運行回数がごく少数になった路線の動向や如何に?

★和歌山市駅の改修
 今年1月号の「市報わかやま」で、和歌山市駅前のバス乗り場付近の改修工事が始まることが公表されました。2019年度には図書館などを備えた駅ビル部分が竣工、その後2020年度にはホテル等も竣工予定というスケジュールですので、今年は駅ビルの躯体が日を追って形作られることになりそうです。
 また、それに合わせて南海電鉄がなにか新たな取組をおこなうのかも気になるところ。加太線の「めでたいでんしゃ」の第3弾や、加太地区との連携による新規事業も期待したいですね。

★わか電は徐々に正念場へ…
 昨年、チャギントン電車を登場させるなど引き続き積極的な取り組みを進めているわかやま電鉄ですが、乗客は微減傾向が続いています。沿線の少子化進行と、インバウンドの団体客が落ち着いたことが大きく影を落としている模様。ただ、安定収入につながる通勤定期は増加しており、運賃収入の確保にはまだまだ望みはあります。
 改造は施しているとはいえ、車両がそろそろ製造50年に差し掛かっており、部品確保の課題がそろそろ顕在化してきそう。現在の行政支援の枠組みでは車両の更新は容易ではありません。また、線路や踏切などの保安装置の老朽化も著しく、計画的に補修が行われる計画。沿線の各主体の創意工夫がどこまで実を結ぶか、ですね。

★自治体では
 和歌山市は年度内に「地域公共交通網形成計画」を策定予定。紀の川市も同計画の策定が進められるなど、地域内の公共交通をどのように維持していくか、各地で検討が進められています。
 和歌山市では昨年夏から秋にかけて乗り合いタクシーやデマンドタクシーの実証実験をおこないましたが、新聞報道によると利用は想定ほどは振るわなかった模様。実際の運行への判断がどのようになるか要注目。また、今後策定される和歌山市地域公共交通網形成計画では、現在の和歌山駅・和歌山市駅の2つのターミナルからバスが放射線状に運行されている現状をどう変えていくか(運行上は非効率ですが、かといって乗り換えターミナルを設けるのは利便性の低下につながる恐れがあります)、また新規需要の開拓、高齢化への対応などが焦点になりそうです。
 和歌山市以外では、今年1月号の広報いわで、広報紀の川に「紀の川コミュニティバス」の乗車券が添付されており、そのそばには「乗客の減少が続いている。このまま進めば廃止もありうる」という趣旨の記載が添えられていました。気がつけばもう10年以上運行されていますが、紀の川市の人口が減少していることを背景に、乗客減が続いているようです。紀の川市も特に東部で人口減少が顕著。公共交通の人口カバー率は県内ナンバー1ですが、計画の策定を契機に、持続可能な公共交通のあり方を模索する動きが続きそうです。

今年も本ブログでは、和歌山都市圏の公共交通の動向を取り上げてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。  
Posted by わかやま小町 at 21:30Comments(0)和歌山交通ニュース

2018年12月27日

来年も駅長就任記念式典!

わか電さんからリリースをいただきました。

12年前の1月5日といえば、当時のたまに駅長の辞令が発令された日で、その後毎年のように昇進したのはみなさんの記憶にも新しいところ。
来年の1月5日にはいまのニタマ・よんたまに昇格の辞令が発令されることになったそうです。また「驚きのお祝い」が届けられたそうで、それも披露されるとのこと。
貴志駅のたま大明神では「福銭」の頒布も予定されています。

来年の1月5日は土曜日、お出かけもしやすいのでこの機会に是非お出かけください。

日時 1月5日(土)11:00~11:20頃
場所 貴志駅
内容 小嶋社長からの挨拶、祝電披露、昇格辞令の交付、「驚きのお祝い」披露、終了後「福銭」の配布(数量限定)  
Posted by わかやま小町 at 12:49Comments(0)和歌山交通ニュース

2018年12月20日

水戸岡鋭治直筆サイン入りカード限定発売!

わか電さんからびっくりのリリースをいただきました。

両備グループのデザイン顧問を務める水戸岡鋭治さん直筆サイン入りのクリスマス・お正月カードが限定発売されることになりました。

取り扱いは岡山電気軌道のおかでんミュージアムとわかやま電鉄の伊太祈曽駅窓口限定。1箇所につきクリスマス3種類、お正月2種類の5種類、各10枚ずつ(合計で100枚限定!)の取り扱いとなります。サイズは20センチ四方、1枚540円。

わかやま電鉄では明日21日からの販売となる由です。水戸岡ファンの方はぜひ!  
Posted by わかやま小町 at 22:21Comments(0)和歌山交通ニュース

2018年12月14日

JR西日本、来年3月16日ダイヤ改正発表。和歌山線新型車両運転開始!

JR西日本は今日、来年3月16日のダイヤ改正を発表しました。

和歌山エリアの内容はこちら
http://www.westjr.co.jp/press/article/items/181214_00_wakayama_1.pdf

現時点で明らかになっているのは、(1)特急くろしおの阪和線日根野駅停車の拡大、(2)和歌山線への新型車両投入開始、の2点。

特急くろしおは上下36本のうち31本が日根野に停車するようになり、関西空港と和歌山方面との接続が改善されます。

また現在、車両の搬入が進められている和歌山線・万葉まほろば線(桜井線)向けの新型車両227系1000番代が来年3月から営業運転に入ります。来年3月時点では、まずは2ドアの117系4両編成で運転されている列車がすべて新型車両に置き換わるようで、和歌山線からきのくに線に直通している列車が新型車両になります(ということはその折返しのきのくに線和歌山行きも新型に?)。

新型車両はその後も搬入が続き、和歌山線・万葉まほろば線は大和路線直通列車(221系)を除いて、2019年秋にはすべて新型に切り替わります(2ドアの117系をすべて置き換えることから、きのくに線での運用も増加する見込み)。そして2020年春には和歌山線全線でICカードによる乗車ができるようになる予定です。  
Posted by わかやま小町 at 21:03Comments(0)和歌山交通ニュース

2018年12月07日

年末年始の話題ちらほら

●和歌山バス年末年始フリー乗車券
これはもうおなじみですね。来年の干支が描かれた、木製の絵馬風フリー乗車券が今年も登場です。
1枚1,000円で、12月29日から1月3日までの6日間、和歌山バスの一般路線が乗り放題になります。購入特典としてオリジナルクリアファイルがついてきます。

http://www.wakamabus.co.jp/topics/sinsyun2018/

※ ふじと台バス、空港リムジンバス、夜行高速バス、和歌山バス那賀の一般路線は利用できません。
※ 通常、12月31日から1月3日は年末年始特別ダイヤになり、初詣スポットが多いJR和歌山駅-新和歌浦間の24系統は毎時2本に増発されますが、それ以外は通常の土休日ダイヤよりも若干本数が減りますので、最新の情報をご確認ください。


●貴志駅のイルミネーション
昨年は伊太祈曽駅で開催された年末年始のイルミネーション、今年は2年ぶりに貴志駅に帰ってきます。
12月8日(土)17:30からニタマ・よんたま駅長が出席して点灯式が行われます。これまでの約1.5倍、約8200個のLEDが貴志駅を明るくともします。

イルミネーションは12月8日から1月18日まで、毎日17:30~23:00まで点灯される予定です。  
Posted by わかやま小町 at 00:05Comments(2)和歌山交通ニュース

2018年11月30日

JR西×わか電、鉄むすコラボ実現!

各鉄道会社の制服をまとうキャラクター「鉄道むすめ」。和歌山県内には、わかやま電鉄「神前みーこ」と、JRグループ初の鉄道むすめとなったJR西日本「黒潮しらら」がありますが、ユーザーの声に応えて(?)この2つのキャラがコラボしたグッズが登場することがわかやま電鉄・JR西日本両者から発表されました。

発売日は今年12月16日(日)。当日はJR和歌山駅中央口に特設ブースが設けられ、グッズの販売のほか、2人のパネルも展示されます。
販売はJR和歌山駅中央口の「おみやげ街道」では9:00から16:00、わかやま電鉄貴志駅売店では10:00~16:15となります。

グッズについて(クリックすると拡大表示します)


※資料提供:わかやま電鉄

販売予定グッズは以下のとおりです。なお、購入はひとり1種類につき3点までとなります。

和歌山駅販売
(コラボ商品)
・「黒潮しらら×神前みーこメッキキーホルダー」 650円(税込)限定100個
・「黒潮しらら×神前みーこフェイスタオル」 1,500円(税込)限定100枚
・「黒潮しらら×神前みーこパネルマグネットセット」 950円(税込)限定100セット

貴志駅販売
(コラボ商品)
・「黒潮しらら×神前みーこ 記念硬券セット」 800円(税込) 限定200セット
・「黒潮しらら×神前みーこ ハンドタオル」 650円(税込) 限定100枚
(神前みーこ単独商品)
・「神前みーこ アクリルビックキーホルダー(冬服)」 1,080円(税込) 限定100個
・「神前みーこ アクリルビックキーホルダー(夏服・SDデザイン)」 1,080円(税込) 限定100個

みなさん、節度を持ってお買い求めくださいね。  
Posted by わかやま小町 at 22:19Comments(0)和歌山交通ニュース

2018年11月26日

わか電恒例のクリスマス電車

わかやま電鉄は今年も恒例のクリスマス電車を開催します。開業初年度から毎年続いていて今年で13回目。すっかり人気イベントとなりました。
今年は12月23日(日・祝)に6本運転されます。

対象者:小学生以下の子ども 合計150名
応募方法:往復はがき往信欄には(1)保護者の住所・氏名・電話番号、(2)乗車する子どもの名前・ふりがな・年齢・性別(複数人可)、(3)乗車希望電車を第2希望まで記載、返信欄には返信先の住所・氏名を記載。

 運行される電車は以下のとおりです。以下から第2希望まで乗車希望電車を記載ください。
  第1便:貴志10:03発(おもちゃ電車)
  第2便:和歌山10:55発(おもちゃ電車)
  第3便:貴志12:33発(たま電車)
  第4便:和歌山13:25発(たま電車)
  第5便:貴志14:33発(おもちゃ電車)
  第6便:和歌山15:25発(おもちゃ電車)
 第1・3・5便は貴志駅コンコース、第2・4・6編成は和歌山駅9番ホーム集合。

応募締め切り:12月10日(月)消印有効
なお、運賃は別途必要。また、貴志・和歌山以外の駅での乗降はできません。

送付先:〒640-0361 和歌山市伊太祈曽73 和歌山電鐵・クリスマスプレゼント係


抽選に惜しくも外れてしまった場合は、12月24日(月・祝)もしくは25日(火)に貴志川線を利用して伊太祈曽駅窓口(9:00~17:30)または貴志駅たまカフェ(9:15~17:15)に返信はがきを持参すれば、ミニプレゼントが進呈されます(数に限りあり。自家用車での来場はNG)。


なお、11月28日午後から25日の間、いちご・おもちゃ・たま電車がクリスマスリースのヘッドマークを取り付けた装飾編成として貴志川線を走ります(一部電車は29日からの運行)。  
Posted by わかやま小町 at 22:29Comments(0)和歌山交通ニュース

2018年10月25日

和歌山県庁、公共交通資料集最新版(2017年度)を公開

和歌山県庁は10月25日、県内の公共交通機関資料集の2017年度版を公開しました。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020500/book.html

このなかに掲載されている、路線バスの乗車密度(1kmあたり乗車人員)のうち、和歌山市内に乗り入れている一般路線バスの乗車密度を抜き出しました。以下のURLに過去5年間の比較表を載せています。
http://ocean547.net/wap/pdf/20181025.pdf

この資料集、貴重なデータもありますので、公共交通ファンのみなさん、是非クリッピングを。  
Posted by わかやま小町 at 22:33Comments(0)和歌山交通ニュース