2016年11月24日

今年もクリスマスイルミ&電車!

恒例の貴志川線クリスマスイルミ装飾とクリスマス電車の運行が発表されました。

★クリスマスイルミネーション
 貴志駅で約5500個のLED電球を用いたイルミネーションが、11月26日~1月6日の17:30~22:00の間点灯されます。
 11月26日土曜日17時半からはイルミネーション点灯式が行われ、ニタマ駅長がサンタクロース姿で登場予定!

★クリスマス電車
 12月23日に上下6本運行されます。車内でサンタクロースからのプレゼント!
 事前申し込みが必要なのでご注意下さい(応募者多数の場合は抽選)

 運行時刻
  第1便 貴志10:03発 (うめ星)
  第2便 和歌山10:55発 (うめ星)
  第3便 貴志12:03発 (たま)
  第4便 和歌山12:55発 (たま)
  第5便 貴志14:33発 (うめ星)
  第6便 和歌山15:25発 (うめ星)

 対象者 小学生以下の子ども
 定員 上下6本で合計150名
 申込方法 往復はがきで往信欄に(1)保護者の住所・氏名・ふりがな・電話番号、(2)乗車する子どもの名前・ふりがな・性別・年齢(複数人可)、(3)乗車希望の電車を第1希望・第2希望まで記載し、返信欄に返送先の住所・氏名を明記し、〒640-0361 和歌山市伊太祈曽73 和歌山電鐵株式会社「クリスマスプレゼント係」まで応募。

 注意事項 乗車運賃は別途必要。途中駅での乗車・下車は不可。団体での応募不可。
 備考 抽選に漏れた場合は、返信はがきを持参のうえ12月24日もしくは25日に貴志川線を利用し、伊太祈曽駅(9:00~17:30)もしくは貴志駅たまカフェ(9:15~17:15)にてはがきを提示するとミニプレゼント進呈(数に限りあり)。  
Posted by わかやま小町 at 23:57Comments(1)和歌山交通ニュース

2016年11月14日

和歌山発 夜行高速バスの話題

南海バスは11月11日、和歌山-東京間を走る夜行バスと、堺-東京間を走る夜行バスを統合し、12月12日から新ダイヤで運行することを発表しました。
現在、南海ウイングバス南部が御坊南海バスと協同で運行している和歌山-東京間の夜行バスは、南海和歌山市駅を発車し、JR和歌山駅東口、泉北高速和泉中央駅、京都駅などを経由し、バスタ新宿、東京駅、新木場駅へ向かいます。堺-東京間の夜行バスはJR堺市駅を発車し、南海堺東駅、南海堺駅、なんば高速バスターミナル、なんばOCATなどを経由し、バスタ新宿、東京駅へ向かいます。

今回はこれらを統合し、南海和歌山市駅を発車し、JR和歌山駅東口、和泉中央駅、OCAT、なんば高速バスターミナルなどを経由し、バスタ新宿、東京駅、新木場駅へと向かうことになり、南海堺・堺東駅などは廃止されます(堺東駅には和歌山バスと成田空港交通が運行する夜行バスが経由するため今回外れたものと思われます)。なお、南海和歌山市駅発は21時と30分繰り上がります。

和歌山-東京間の夜行バスはもともと南海バスとJRバス関東の共同運行で運行してきましたが、南海バスから南海ウイングバス南部に移行、そしてJRバスが撤退、今年8月からは南海ウイングバス南部と御坊南海バスとの共同運行体制に切り替わっています。

夜行バスは乗務員が2人で運行することから人件費が高くつくだけではなく、昨今のバス運転士不足、スキーバス事故などを発端にした利用者離れなど、取り巻く環境は厳しさを増しています。今回の夜行バスの再編もこの影響をモロに受けた形といえるかもしれません。

南海バスのプレスリリースはこちら
http://www.nankaibus.jp/info/20161112_5.html  
Posted by わかやま小町 at 18:19Comments(0)和歌山交通ニュース

2016年11月01日

和歌山県庁、公共交通資料集最新版を公開

和歌山県庁は10月31日に、県内の公共交通機関資料集の最新版を公開しました。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020500/book.html

このなかに掲載されている、路線バスの乗車密度(1kmあたり乗車人員)のうち、和歌山市内に乗り入れている一般路線バスの乗車密度を抜き出しました。以下のURLに過去3年間の比較表を載せています。
http://ocean547.net/wap/pdf/20161101.pdf

和歌山バス・和歌山バスとも、減便改正したことなどから、乗車密度は全体的にみて増加傾向にあるように見受けられます。和歌山市内の公共交通機関の利用者は減少傾向が続いていたものがやや持ち直す動きが見られることから、それが乗車密度にも現れているのかもしれませんね。
  
Posted by わかやま小町 at 21:29Comments(0)和歌山交通ニュース

2016年10月29日

地域公共交通活性化シンポジウムin橋本

近畿運輸局と和歌山県は11月18日に「地域公共交通活性化シンポジウム」を開催します。
関西で行われている、公共交通の活性化にまつわる取り組みの当事者を招いた基調講演とパネルディスカッションになっています。まだ定員に余裕があるとのことですので、興味ある方はぜひ参加下さい。

日時 11月18日(金)13:00~16:00
場所 橋本商工会館8階大ホール
定員 100名
主なプログラム
  基調講演「光る地域に地域の汗あり~移動を支え育てる地域のチカラ~」
  講師:井上 学 氏(平安女学院大学国際観光学部准教授)
 事例紹介「兵庫県西宮市生瀬地区コミュニティ交通について」
  講師:椿 健太朗 氏(西宮市都市局都市計画部 交通計画課)
 パネルディスカッション「乗って残そう公共交通~それぞれの立場でできること~」  
  登壇者:辻本勝久氏(和歌山大学経済学部教授)、井上学氏、椿健太朗氏、森川嘉久氏(橋本市副市長)、坂部直成氏(南海りんかんバス代表取締役)、川合宏和氏(近畿運輸局交通政策部計画調整官)、大山茂氏(和歌山県庁総合交通政策課課長)

詳しくは橋本市ウェブサイトを。
http://www.city.hashimoto.lg.jp/guide/somubu/somu/koutsuu/1477636593218.html  
Posted by わかやま小町 at 20:31Comments(0)和歌山交通ニュース

2016年10月18日

きのくに線ICOCA対応駅拡大は12月17日に。チケットレス特急券も!

今日、JR西日本は、今夏発表していたJRきのくに線主要駅でのICカード乗車券の対応開始を12月17日始発からと発表しました。同時に、同日より特急くろしお全線でチケットレス特急券の取り扱いを開始することも合わせて発表されました。
http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/10/page_9388.html

今回新しくICカード乗車券が使えるようになるのは、箕島、藤並、湯浅、御坊、南部、紀伊田辺、白浜、周参見、串本、古座、太地、紀伊勝浦、新宮の13駅。PiTaPaやSuicaなど全国で相互利用できるICカードも利用できます。

特急だけではなく普通・快速に乗車する際にもICカードで利用できますが、乗車・下車とも、今回の13駅を含む近畿圏ICOCA取り扱い駅である必要があります(新大阪→白浜、御坊→紀伊田辺、などはOK。下津→箕島などはNGです。)。また今回の13駅発着のICOCA定期券は発券できません。

また、現在、海南以北で使える特急くろしおのチケットレス特急券サービスも12月17日から利用できる予定となっています。ネット予約「e5489」では通常料金よりも安く特急指定席に乗車できる「e特急券」が買えますが、窓口もしくはみどりの券売機での発券が必要でした。チケットレス特急券は乗車前日から席数限定ながら、「e特急券」よりもさらに安い値段で特急指定席に乗車できるサービスです。予約メールを携帯電話やスマートフォンに保存すれば、乗車・下車はICOCAで済ませ、特急券は携帯電話かスマホの画面を乗務員に提示することで利用できます。窓口に並ぶ手間もなく、さらに割引価格で乗車できますので、よりスムーズに乗車できます。


管理人は年に何回か新宮に出張しますので、これができると非常にありがたい。e特急券で、和歌山-新宮が乗車券・指定席特急券合わせて5000円を切る価格で乗車できますが、チケットレス特急券でどこまで安くなるか、楽しみです。  
Posted by わかやま小町 at 22:53Comments(0)和歌山交通ニュース