2019年02月14日

和歌山バス、2020年にIC対応へ

和歌山市は12日、新年度の当初予算の概要を発表しました。

記者発表資料はこちら。9.6MBありますのでモバイル環境の方はご注意下さい。
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/022/409/20190212-1.pdf

こちらのPDFの19ページに公共交通政策が取り上げられており、路線バスのICカード対応支援に3363万円が計上されています。「2020年度を目処に交通系ICカードシステム導入」とあることから、和歌山バスが2020年春にもICカードで利用できることがほぼ確実となりました。
同じ欄には、元気70パスなど和歌山市の外出支援バスカードのIC化も謳われているほか、「KANSAI ONE PASS」への対応も記載されていることから少なくともICOCAへの対応はなされるとみられますが、SuicaやTOICAなどいわゆる「10カード」とよばれる全国交通系ICカードの共通利用にまで踏み込むかは明記はされていません。

またこれ以外では、既報の加太地区デマンドタクシー事業の継続、現在紀三井寺団地地区で運行されている「地域バス」の他地域での運行に向けた検討、LRT・BRTなど新交通システムの導入可能性調査を行うことが盛り込まれています。

当初予算は2月定例市議会で審議され、可決されれば、上記の取り組みが本格的に動き出すことになります。  
Posted by わかやま小町 at 08:52Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年02月08日

いろいろ発表されました!

ここ最近、様々な発表がありました。まとめてお知らせしますね。

◆南海電鉄

先日加太線の「めでたいでんしゃ」の「さち」編成と「かい」編成が連結して、なんばまで「新婚旅行」しましたが、3月31日に「さち」と「かい」の子どもとして第3編成が登場することになりました。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190207_3.pdf (PDF・1.3MB)

今後は真っ赤。加太線の沿線7駅に縁起物・ご利益を設定し、乗るだけで幸せになれるかも?という趣向が満載。車内にインスタスポットも?!
これは楽しみ!
ちなみに、加太線7駅のご利益は以下の通り。
 加太駅・・・恋愛成就
 磯ノ浦駅・・・芸事上達
 二里ヶ浜駅・・・安産祈願
 西ノ庄駅・・・無病息災
 八幡前駅・・・縁結び
 中松江駅・・・金運招来
 東松江駅・・・立身出世

また、去年の台風21号による影響で駅舎が全焼した南海線の尾崎駅は3月23日から駅舎が復旧します。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190207_4.pdf


◆JR西日本

 2月23日の和歌山線で新型車両に手を振ろうキャンペーンのあと、橋本駅で車両展示が行われることが発表されました。11:50~12:40まで、車内を自由に見学できます。
 http://www.westjr.co.jp/press/article/2019/02/page_13777.html
 なお「わかやま小町」では、手を振ろうキャンペーンに参加される方を対象に、簡易横断幕を作成するサービスを行っています。まだ余裕がありますので、ぜひご利用ください。


◆ここからはわかやま小町として入手した情報です

 まず、年度内にバスロケーションシステムが導入される予定の和歌山バスですが、先日からバス車両にGPS端末が順次搭載されているそうです。車載機器の交換を伴うため、1日に数両程度のペースだそうですが、年度末までにすべての車両にGPSが搭載され、準備ができ次第、バスロケーションシステムがスタートします。
 バス停等に掲出された2次元コードを読み込めば、携帯電話・スマートフォンでウェブサイトにアクセスでき、バスの走行位置を把握することができるようになる見込み。

 和歌山市では今年度、デマンドタクシーの実証運行が加太、小倉、和佐、湊の4地区で実施されています。このうち昨年度と今年度実証運行されている加太地区は本格運行への準備が進められています。加太駅から加太港や淡嶋神社への観光客にもデマンドタクシーを利用してもらえるよう利用促進を進めたいとのこと。ほかの3地区につては来年度どうなるかは現在のところは未定ですが、加太地区の例をみると来年度も引き続き実証運行は行われるのではないかと思われます。
 また、木の本・松島地区などでも地域バスもしくはデマンドタクシーのニーズが和歌山市に上がっているそうで、運行に向けた検討が行われれるようです。

 和歌山市の市報で、改修工事が予告されていた南海和歌山市駅前バス乗り場ですが、まず現行の1~4番乗り場を他の乗り場に統合する形で集約し、工事が間もなく開始される予定だそうです。このため、市駅前バス乗り場は一部が変更になる模様です。情報が入りましたらお知らせします。  
Posted by わかやま小町 at 23:02Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年01月30日

ワカカツ×わかやま小町コラボ企画!即席横断幕作成を支援します!

2月23日に和歌山線で227系新型車両に手をふろうキャンペーンが行われます。
せっかくですから、大いに盛り上がりたいですよね。

こちらで、より詳しいスケジュールが発表されています。
http://wakayamasen.com/2019_new-model/

案内には「横断幕やパフォーマンス等も大歓迎です!」とありますが、「横断幕ってこの日のためだけに新しく準備するのも…」という方もいるのでは。そこで、和歌山の交通まちづくりを進める会「わかやま小町」では、「ぼくらの和歌山線活性化プロジェクト・ワカカツ」とコラボして、このキャンペーンに参加される方のために、即席の横断幕の作成を応援するプロジェクトを実施いたします。

●対象
 2月23日(土)の「和歌山線で新型車両に手をふろうキャンペーン」に参加されるグループ(例外あり、留意事項をご確認ください)

●実施要領
 1. このブログの左下「オーナーへメッセージ」からのメッセージで、お名前とメールアドレス、どのような横断幕の作成を考えているか(横断幕に入れたい文字やデザインの希望、長さ)をお知らせください。
 2. こちらで概ねのデザインを作成し、メールアドレスに返信いたします。
 3. やりとりのあと、OKでしたら作成します。
 4. 2月22日(金)までに、和歌山県NPOサポートセンター(和歌山ビッグ愛9階)に受け取りに来てください。印刷経費は「わかやま小町」が負担します。

●留意事項
 ・サイズは、縦610mm固定。横は最長8500mm程度まで可能です。モノクロ・カラー双方に対応しています。
 ・WordもしくはPowerPointでの作成になりますので、細かいデザイン等の指示はお受けできません(後述の「完成原稿PDF」を送信いただければ対応可能です)。
 ・和歌山県NPOサポートセンター(https://www.wakayama-npo.jp/)に設置されている長尺プリンタで厚手上質紙・顔料インクでプリントします。多少の雨・雪には耐えられますが、強風には耐えられないことがあります。
 ・個人商店や企業名は入れることはできません。また、和歌山県NPOサポートセンターの利用基準から外れる営利目的・宗教活動・政治目的表現等はお受けできません。
 ・ロゴや写真等を入れることもできます。上記2.と3.のやりとりの段階でデータの送信をお願いします。
 ・縦610mm固定、横8500mm以内であれば、完全原稿のPDF(フォント埋め込みもしくはアウトライン完了原稿)をお送りいただいても対応可能です。
 ・キャンペーン終了後は適切な方法で処分してください。
 ・「わかやま小町」の予算の範囲内で対応します。予算を上回った場合は受付を終了いたします。

みなさんのご参加をお待ちしています!  
Posted by わかやま小町 at 17:00Comments(0)お知らせ

2019年01月23日

2月23日、和歌山線新型車両に手をふろうキャンペーン!

JR西日本和歌山支社と和歌山線沿線自治体では、3月のダイヤ改正で和歌山線にデビューする新型車両227系1000番代に手をふろうキャンペーンを実施することになりました。
沿線で新型車両に向かって手を振る様子は、全国的に高い評価を受けている那賀高校放送部のみなさんが撮影し、全国に発信する和歌山線のプロモーションムービーになります。
 

こちらが新型車両。 

【時刻(おおよその目安です)】
 和歌山駅 10:30頃発車 → 岩出駅 11:00頃通過 → 粉河駅 11:15頃通過 → 妙寺駅 11:30頃通過 → 橋本駅 11:45頃到着
            
【楽しむためのポイント】
・誘い合ってたくさんの方で参加を!
・沿線の好きな場所で横断幕やメッセージボードなど様々なパフォーマンスで魅力発信を!
・線路から50m以上離れたるとムービーに映る時間が長くなる反面、近すぎると逆に映らないこともあります

【注意】
・迷惑駐車、無断で私有地に入るなどの行為はやめてください
・危険なので線路や無人駅への立ち入りは避けてください
・安全には十分注意ください
・危険物の持ち込みやごみもポイ捨てはやめてください

・当該列車には乗車できません
・時刻は変更もしくは中止になることもあります  
Posted by わかやま小町 at 20:38Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年01月22日

紀の川市地域公共交通網形成計画のパブコメ募集

先日、和歌山市の地域公共交通網形成計画策定に向けてのパブコメ募集をご紹介しましたが、紀の川市も同様のパブコメの募集を開始しました。

『地域公共交通でおでかけ、人に会いに行きたくなるまち』を目指す将来像として、利用実態に応じた適材適所のサービスの提供、市民・事業者・行政がともに担い手の意識を持った地域公共交通ネットワークの維持、選ばれる地域公共交通となるための環境整備の3つの基本方針を掲げています。

公共交通機関の人口カバー率が県内トップの紀の川市ですが、人口減少の傾向が加速していること、公共交通機関の本数が少ないことなど、将来を見通すと難題が山積しています。地域公共交通が生活に溶け込むように、また住民自身が守りたいと思われるような施策を目指すとしています。                                

【地域公共交通ネットワーク(案)のポイント】
・都市拠点と位置付けられている打田地域を拠点としたネットワークづくり
・地域(旧町の各拠点)間を結ぶ公共交通軸(幹線軸)の充実
・幹線軸に設けた交通拠点からのきめ細やかな端末サービス軸(生活支援軸)の設定

具体的な施策としては、利用客が減少している地域巡回バスの路線は運行曜日の限定やデマンド型の路線に切り替え、生まれた余力で打田地区と貴志川・桃山、粉河・那賀の両地区を結ぶ流れを強めます。また拠点となるバス停の機能強化を図ることを打ち出しています。


現行の案はこちら。紀の川市民のみなさん、ぜひこちらからご覧ください。
http://www.city.kinokawa.lg.jp/sousei/kotsu-kaigi/public-comment-2019.html  
Posted by わかやま小町 at 23:07Comments(0)和歌山交通ニュース