2018年01月17日

来年度にも実現するか、路線バスでのICカード利用

今日から、2018年度和歌山県当初予算の「知事査定」が始まった、と報道がありました。
 http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2044399971.html
 http://www.tv-wakayama.co.jp/news/detail.php?id=46784
 http://wbs.co.jp/news/2018/01/17/114169.html

奇しくもトップバッターは総合交通政策課の新規事業案で、県内の路線バスでICカード決済が利用できるとともに、スマートフォン等でバスの現在位置を把握することができるシステムの導入支援事業とのこと。

昨年度末に策定された「和歌山県長期総合計画(2017年~26年度)」において、JRきのくに線の特急停車駅から接続する路線バスでICカード決済が利用できるよう整備を図ることが明記されており、さっそく事業化を目指したものとみられます。

あくまで今回の事業は「導入の支援」であることから、県が主導的な立場を取るものではなく、事業者が導入を決めた際にその費用の一部を補助するものと思われますが、やはりトップバッターは県都である和歌山市内を走る路線バス、ということになるのでしょうか。
それにしては当局の要求額は1300万円あまりということで、他都市のICカードシステム導入支援事業と比較すると、やや少なめにみえます。

まず、知事査定を無事通過するか、そして2月県議会に無事に上程されるのか、要注目です。  
Posted by わかやま小町 at 23:45Comments(0)和歌山交通ニュース

2018年01月13日

今年も登場!絵手紙電車

毎回大好評の貴志川線「絵手紙電車」。和歌山電鐵と貴志川線の未来をつくる会、そして貴志川線応援絵手紙愛好クラブの三者が連携して取り組まれています。
第4回の今年は、「たまちゃんたちへの年賀状」をテーマに昨年秋に募集したところ、北は北海道から南は鹿児島まで、また外国で絵手紙を習っている方からの応募もあり、合計1563通が集まったそうです。

今回も2272編成の2両の車内に、合計220枚もの台紙にそれぞれ7~8枚程度の絵手紙を掲示し、応募全作品が公開されます。

1月15日夕方に伊太祈曽を出庫する運用から絵手紙電車の運行が始まり、4月15日までの3ヶ月間、特製ヘッドマークを掲げて運行されます(車両検査等で運休日もありますのご注意を)。
  
Posted by わかやま小町 at 23:45Comments(0)和歌山交通ニュース

2017年12月27日

冬の誘客キャンペーン続々

●JR西日本、梅の季節に特急が南部駅に臨時停車
 「ひと目百万、香り十里」とも称される、南部梅林のオープンに合わせて、来年2月の土休日を中心に、特急くろしお3号が南部駅に臨時停車することが発表されました。
 http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/12/page_11682.html
 この臨時停車は毎年行われていますが、今年は地元観光協会から「ちょっぴりプレゼント」があるそうです。
 また、南部駅からは、龍神バスが南部梅林までの臨時バスを運行。多くの便がきのくに線の列車と接続しています。最近はレジャーシーズンでなくても土日は頻繁に渋滞するようになった阪和道。渋滞の心配なしに出かけるにはいいかもしれませんね。
 http://ryujinbus.com/common/h30_ume_timetable.pdf

●貴志川線は三社参り
 貴志川線では恒例の三社参りキャンペーン。日前宮、竈山、伊太祈曽が最寄り駅となります。正月は周辺道路が激しい渋滞となることがありますので、電車での移動がおすすめです。
 http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2017/12/27/初詣は貴志川線で三社参り-2/  
Posted by わかやま小町 at 21:31Comments(0)和歌山交通ニュース

2017年12月25日

来年1月5日はあの見習いが昇格…?

新年恒例の、貴志川線ねこ駅長の人事発令、来年は1月5日に開催されることが発表されました。
現在「駅長見習い」のよんたまに人事が発令されるとの情報を頂いています。さて、見習いから昇格することができるのでしょうか。

1月5日(金)11時から、貴志駅前で開催。和歌山県・和歌山市・紀の川市の首長も出席予定と。またテレビ番組や海外ドキュメンタリーの取材班も現地入りとか。

なお、人事発令のあとは、小嶋社長とニタマ駅長から「たま駅長福銭」が参加者に配布されるとのことです。


さて、JR和歌山駅の駅構内にある、和歌山バスの営業窓口の上に液晶ディスプレイが設置され、先日から稼働を開始しました。
和歌山城、紀三井寺、マリーナシティ・黒潮市場、和歌山市役所・和歌山県庁、日赤医療センター、県立医大、南海和歌山市駅、イオンモール和歌山の最寄りバス停を通るバスについて、先発と次発の乗り場・系統番号・行き先が日本語・英語の二ヶ国語で表示されるようになっています。

これらの行き先は利用者からよく問い合わせがあるものばかりでもあり(わたしたちも実際に調査したことがあります)、バスのりばでも紹介されていますが、先にこちらで確認できるとより効率的ですね。

  
Posted by わかやま小町 at 00:55Comments(0)和歌山交通ニュース

2017年12月15日

【追記あり】JR西日本、来春ダイヤ改正発表。阪和間特急増発

JRグループは今日午後、来年3月17日にダイヤ改正を実施することを発表しました。
http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/12/page_11628.html

今年秋に和歌山県メールマガジンで報じられた、白浜以南運転のくろしおの現行7往復から6往復に1往復削減は当初予定通り実施。このほか、京都-新大阪間運転のくろしおが削減され、1往復のみの運転に。一方で、新大阪-和歌山間を運転するくろしおが3本増発され、総運転本数は1日36本となります。

増発されるのは、新大阪18:45→和歌山19:53(25号)、新大阪22:50→和歌山23:58(35号)、和歌山5:14→新大阪6:21(2号)。早朝・深夜の増発は関西空港発着のLCC対抗の意味合いもあるでしょうか。新しいくろしお2号から新幹線乗換で東京駅には9時台前半に、新宿方面にも9時台後半に到着でき、東京駅20時頃に発車するのぞみからくろしお35号を利用すればギリギリその日のうちに和歌山に到着できるほか、35号は西九条にも停車することから、USJ客も狙っていそうですね。

ちなみに、2号・35号の時間帯は、和歌山駅の阪和線始発B快速、新大阪駅からきのくに線終電として直通する快速電車に時刻が近接していることから、これらの快速電車は運転が取りやめになる可能性が高いとみられます。阪和線始発のB快速は関西空港への通勤需要が少なくなく、きのくに線終電もそれなりに利用者がいることから、阪和・きのくに線での当該列車がなくなることはないと思われますが…。
【追記】 別の支社資料に「新大阪発着快速の阪和線直通取りやめ」が明記されているのを確認しましたので、現行の阪和線始発B快速、新大阪始発の快速湯浅行き・きのくに線最終御坊行きは運転取りやめとなります。なお阪和線・きのくに線での代替列車の設定はあるとみられます

また、オーシャンアロー283系の運用範囲の変化には言及がありません。
【12月16日追記】読売新聞和歌山版の報道によると、283系の白浜以南の運用は一部残るとのこと。

このほか、阪和線に引き続き新型車両を導入し、早朝・深夜に日根野以南で運転されている2両編成を除いて、223系・225系電車に統一されることも発表されています。


なお、「特急『くろしお』号に乗って和歌山・紀南へ行こう! キャンペーンを実施します!」というリリースも出ています。県と連携した利用促進キャンペーンが実施されるようで、様々な施策が検討されています。これは期待ですね。
http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/12/page_11621.html
  
Posted by わかやま小町 at 17:33Comments(0)和歌山交通ニュース