2016年05月26日

わかやま電鉄 うめ星電車試運転実施

今日午前、わかやま電鉄の改装電車第4弾「うめ星電車」の試運転が実施されました。
竈山駅にてその様子をスマートフォンで撮影しましたので以下でご紹介します。
残念ながら車内の様子は隠されており、うかがい知ることはできませんでした。6月4日の運行開始を待ちましょうか。
https://youtu.be/6NzcyA21DME  
Posted by わかやま小町 at 13:39Comments(0)和歌山交通ニュース

2016年05月26日

わかやま電鉄2015年度乗車人員230万人突破!だがしかし。

わかやま電鉄の和歌山駅ホームにある「チャレンジ250万人」の看板にて、昨年4月から今年3月までの乗車人員が232万人であることが掲示されているのを確認しました。2006年のわかやま電鉄への運営移管後は初めての230万人台到達となります。
沿線人口は減少傾向で、定期券の売上は漸減傾向が続いていますが、乗車人数が正確に確認できる外国人ツアー客だけでも年間約5万人と、全体の2%を超える水準になったほか、少子化にもかかわらず通学定期の売上が前年比超えが続いていることが主な要因と見られています。

ただ、5月20日のエントリー(http://komachi.ikora.tv/e1206964.html)でも触れましたが、この乗車人員には、運賃改定前の駆け込み需要による収入増も加味されていることから、2016年度は前年比ではマイナスからのスタートになるのが決定的であること、ツアー利用が概ね一巡し落ち着いてきたこと(大阪などでの爆買いなども落ち着いてきていると報道されていますね)など、沿線を取り巻く環境は決して楽観視できるものではありません。
※ とはいえ、管理人が先日利用した際は乗客の半分が個人利用とみられる外国人観光客で、未だ外国での人気はあまり衰えていないことがうかがえます。

2016年度からの新しい行政からの支援の仕組みが、上限付きの赤字欠損補助から、上限付きの設備等の修繕・更新等の支援に切り替わりました。これは国土交通省が設けている既存の支援制度に沿った形となっています。これがわかやま電鉄の経営にどう影響するかはまだ未知数ではありますが、補助金を活用して増加した分の固定資産については減価償却を事実上省略できる「圧縮記帳」と呼ばれる会計が適用できるそうですので、経常費用の増加は幾分抑えられそうです。

今後も動向を注視しつつ、当ブログでも積極的な情報発信を続け、少しでも応援させていただきます。  
Posted by わかやま小町 at 00:47Comments(0)和歌山交通ニュース

2016年05月23日

第9回 貴志川線に乗ってじゃがいも掘り

まぁ毎年大人気。参加費分は必ず元が取れる「第9回 貴志川線に乗ってじゃがいも掘り」のご案内が届きました。

開催日 2016年6月12日(日)
場所 貴志川線甘露寺前駅前の畑
   貴志川線の未来をつくる会と地元のみなさんが育てたじゃがいもをみなさんで収穫しませんか。
募集人数 10時からの部、11時半からの部、各100名 (応募多数の場合は抽選)
参加費 ひとり800円(中学生以上)*参加記念品「1日乗車券」1枚付き
参加条件 貴志川線を利用すること(現地は駐車場がありません)

事前に往復ハガキでご応募ください(6月1日必着)。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/images/jagaimo2016.pdf

管理人の知人がかつて参加しましたが、スーパーで買うことを思うと十分元が取れすぎて(その時の生育が異様によかったという事情もありますが)、たくさんおすそ分けをいただきました(^^;  
Posted by わかやま小町 at 23:10Comments(0)和歌山交通ニュース

2016年05月22日

【6月3日まで】NHKワールドで貴志川線紹介!

NHKの海外向け放送「NHKワールド」の鉄道番組で、貴志川線をメインに日本の鉄道再生事例について紹介する番組が放送されました。この放送が6月3日までのあいだ、NHKワールドウェブサイトでオンデマンドで無料で視聴できるようになっています。

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/japanrailway/20160520.html

また、5月25日にはNHK-BS1でも放送される予定とのことです。  
Posted by わかやま小町 at 10:57Comments(0)お知らせ

2016年05月20日

オーシャンアロー20周年記念列車運転!

5月20日、JR旅客各社は夏の臨時列車について発表しました。

和歌山地区では恒例の特急くろしおの増発が行われることになっていますが、今年7月31日は、283系特急「オーシャンアロー」の営業運転から満20周年の記念日ということで、白浜-新宮間で全車指定席の特急「オーシャンアロー20周年」号が運転されることが発表されました。
詳しいイベント内容は6月中旬ころの発表ということですが、記念乗車証の配布などが予定されているとのことです。

283系電車は、きのくに線高速化事業に合わせて導入され、当初はパノラマ型グリーン車を連結した381系「スーパーくろしお」の「亜種」として、「スーパーくろしお・オーシャンアロー」としてデビュー。後に、「オーシャンアロー」に改称されました。381系が「自然振り子」式で、カーブに差し掛かると強制的に車体を傾ける機構だったことから乗り物酔いの原因ともなっていましたが、283系は線路のデータをコンピュータに記録し、カーブに差し掛かる前から徐々に車体を傾ける「制御式振り子」機構を搭載し、また最高速度も130km/hに引き上げられるなど、きのくに線特急のスピードアップに大きく貢献しました。

残念ながら6両編成が2本、増結用の3両編成2本の合計18両の製造にとどまっただけではなく、停車駅の増加などにより当初よりは所要時間が長くなってしまうなど、「不遇の電車」とも言える存在になっていますが、リゾート感をイメージした内装は20年の時を感じさせない造りとなっています。今後も南紀への旅を楽しませてくれることでしょう。

JR西日本和歌山支社のプレスリリースはこちら
http://www.westjr.co.jp/press/article/items/160520_00_wakayama.pdf (PDF・377KB)


283系オーシャンアロー (和歌山-宮前)


【小耳に挟んだ話】
一昨年から開催されている「紀の国トレイナート」、今年度も実施が決定したそうです。アート作品が展示される区間も拡大予定で、現在会期など詳細を詰める作業が続けられているそうです。紀伊田辺駅舎改築工事が始まることから、その関連イベントも計画されているとか。お楽しみに。  
Posted by わかやま小町 at 20:24Comments(0)和歌山交通ニュース