2017年03月02日

明日開催!ニタマ駅長お誕生日会

ニタマ駅長は3月3日が誕生日で、明日で7歳になるそうです。誕生日を祝う会が開催されます。詳細の情報をいただきましたのでご案内します。

●日時 3月3日(金)10:45~11:15
●場所 貴志駅構内
●内容 滋賀県湖南市市長の信書を携えた、こにゃん市・ジュリアーノ市長がニタマ駅長を「表敬訪問」するほか、ジュリアーノ市長と紀州海南ひなめぐり実行委員会よりニタマ駅長にプレゼントが贈呈されます。また、ジュリアーノ市長がたま大明神を参拝します。
 わかやま電鉄の小嶋社長がジュリアーノ市長をお迎えするそうです。

こにゃん市のウェブサイトによると、ちょうと3月1日に第7代のこにゃん市・市長選挙が告示されたそうですが、今のところ1頭のみの立候補で、このままいくと無投票当選…でしょうか?!
http://www.burari-konan.jp/konyan/shicho-senkyo/2017/shicho_list.php
第6代・ジュリアーノ市長の公務はこちらで見ることができます。
http://www.burari-konan.jp/konyan/shicho_room2016/shicho_diary.php  
Posted by わかやま小町 at 19:30Comments(0)和歌山交通ニュース

2017年03月01日

【追記あり】和歌山バス那賀、ついに橋本から撤退

 和歌山バス、和歌山バス那賀は、4月1日付の一部路線廃止を発表しました。

●和歌山バス那賀
 橋本線(南海和歌山市駅-那賀営業所前-橋本駅前)の那賀営業所前-橋本駅前の区間が3月31日運行をもって廃止となります。
 最盛期は1時間に3本、急行バスも運転されていた路線でしたが、和歌山線の電化・増発、京奈和自動車道開通、自動車増加、人口減少など、複合的な要因で利用者が激減しており、10年ほど前までは1時間に1本が確保されていましたがそれも徐々に減少し、末期は那賀営業所前-橋本駅前間は平日1日2往復にまで減っていました。
 バス路線は廃止となりますが、紀の川市・かつらぎ町・橋本市は、それぞれコミュニティバスが市町域の隅々まで運行されていますので、JR和歌山線とコミバスが事実上の代替となるようです。

●和歌山バス
 和歌山市内線のうち、海南駅前-藤白浜間、木の本線のうち南海和歌山市駅-土入橋東-北島間が廃止となります。
 海南駅前-藤白浜間は2015年11月のダイヤ改正時に海南出張所が廃止され、和歌山営業所に統合されたこともあり、廃止は時間の問題とみられていました。
 木の本線は、御膳松線80系統廃止時に、北島-土入橋間について、76系統の経由地を変更することで事実上代替する措置がとられていましたが、利用は伸びず、この区間を廃止することが、和歌山市地域公共交通会議で昨年度決議されていました。
 これにより、76系統はもとの北島橋経由に戻ります。

 これらにともなうダイヤ改正が4月1日に実施される見通しです。

※3月1日17:30追記 現在のところ、ウェブサイトではまだ発表されていません。バス停等での案内の掲出作業が優先されているものと思われます。間もなくウェブサイトにも掲載されるかと思いますので、同社への問い合わせなどはなさらないようにお願いします。  
Posted by わかやま小町 at 17:00Comments(0)和歌山交通ニュース

2017年02月24日

高校生✕JR西日本コラボ続々! ほか

今日、JR和歌山線沿線の活性化に貢献したとして、県立那賀高校、県立和歌山高校に対してJR西日本和歌山支社から感謝状が授与されました。

那賀高校放送部はこれまでも放送部関連の全国コンクールで活躍するなどの実績がありますが、JR和歌山線沿線の魅力を紹介する動画を制作し、JR和歌山駅構内やyoutobeで公開されています。この最新作が3月1日から31日までテレビ和歌山で15秒のスポットCMとして放送されることが発表されました。
 youtube動画はこちらで閲覧できます。
 https://youtu.be/A_kMhZSp_Fg

県立和歌山高校では、和歌山支社の職員の訪問をきっかけに、生徒会が中心となって和歌山線利用のマナーアップ向上に向けた取り組みを沿線の9つの県立学校と連携して開催。今年度は「アートトレイン」などの取り組みが、和歌山市が主催する、「わかやま市民協働大賞」の奨励賞を受賞しました。
 わかやま新報の掲載記事がこちらでご覧いただけます。
 「高校生× 電車のまちづくり! ~アートトレイン~」(pdf・484KB)
 http://ocean547.net/wakatsuku/156.pdf

●くろしお指定席きっぷ新登場
 JR西日本が発売するトクトクきっぷの一部が廃止されることが発表されていましたが、この代替措置として和歌山地区では「くろしお指定席きっぷ」が新たに登場することが今日発表されました。
 これまでは往復利用が前提でしたが、今回は片道利用となりますので、自由度が増すとともに、3月12日からはネット予約「e5489」での取扱もスタート。子ども用は一律1000円(例外あり)とのことなので、ファミリーにも使いやすようですね。
 リリースはこちら。 http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/02/page_10034.html

●貴志川線、ダイヤ修正
 JR西日本が3月4日にダイヤ改正をおこなうのに合わせて、阪和線快速電車との接続改善を図るため、貴志川線の平日和歌山発1本の時刻が修正されることが発表されました(和歌山発 21:01→21:03)。

●和歌山バス・和歌山バス那賀の動き
 和歌山市交通政策課のウェブサイトから詳細は確認できますが、今年3月末をもって「木の本線76系統の一部区間の廃止」が決まっています。4月1日付でダイヤ改正が行われる見通しです。
 また、かつらぎ町の議会だよりによると、今年4月29日からJR笠田駅と泉北高速鉄道・和泉中央駅を結ぶ路線バスの実証実験が行われるようです。土曜・休日のみ1日6往復とのことです。4月1日に国道480号線鍋谷峠道路・父鬼バイパスが全線開通することを受けての措置のようですが、議会だよりに記載があるところを見ると、かつらぎ町の新年度予算が可決されてからの正式発表となるとみられます。
 和泉中央駅周辺には複数の大型商業施設があること、泉北ニュータウン方面から高野山方面へ直通する交通機関がないことからその役割が期待されているのではないかと推察されます。  
Posted by わかやま小町 at 22:28Comments(0)和歌山交通ニュース

2017年02月13日

紀州海南ひなめぐりとタイアップ!+ニタマ駅長誕生日イベント

今日2月13日からですが、「ひなめぐりin貴志川線」が運行されます。
これは、2月15日から3月15日までの間、海南市内各所で開催される「紀州海南ひなめぐり」(http://hinameguri.ikora.tv/)とのタイアップ企画として開催されるもので、同イベントとは初めてのタイアップになります。

●雛飾り(2月13日~3月15日)
 和歌山駅9番ホーム、伊太祈曽駅、貴志駅に雛飾りを展示。このうち貴志駅にはニタマ駅長室内に、紀州漆器の技術を活かした県知事指定郷土伝統工芸品となっている紀州雛が展示されます。

●おひなさま電車(2月13日~3月15日、うち車両検査に伴う運休日あり)
 2272編成に、紙雛や、海南市内の学童保育所に通所する児童による雛飾りを貼った中吊りポスターを掲出。

なお、ひなめぐりはこのほかJR粉河駅前とんまか通り、紀伊勝浦駅近辺でも開催されますのでよろしければこちらも是非ご来場下さい。


そして、3月3日はニタマ駅長の7歳の誕生日です。
紀州海南ひなめぐり実行委員会よりニタマ駅長へのプレゼントがあるほか、滋賀県湖南市の谷畑市長の親書を携え、「こにゃん市」ジュリアーノ市長(ネコです)がニタマ駅長を表敬訪問することが決定しているそうです。
役職動物の役割が果たせるよう情報発信をおこない、観光振興による地域活性化、動物愛護活動への取り組みの一環とのことです。

※ こにゃん市については http://www.burari-konan.jp/konyan/ をご覧くださいにゃん。
  
Posted by わかやま小町 at 10:54Comments(0)和歌山交通ニュース

2017年01月19日

【追記あり】関空リムジンバス、KIX-T2乗り入れへ!&今年もたまチョコ

1月28日に関西国際空港の第2ターミナルビルが開業するのに合わせて、ほぼすべての関空リムジンバスが第2ターミナル乗り入れを果たすことになりました。もちろん和歌山発着のリムジンバスも全便が関空第2ターミナルに乗り入れます。これに伴いダイヤ改正が実施されますが、残念ながら同じ車両数で運用をまかなうためか、2割ほど減便となってしまいます。概ね40分間隔で、国内便が少なくなる日中には80分空く時間帯がj発生します。
とはいえ、乗り換え無しで第2ターミナルに直行できるメリットは大きいので、是非活用したいですね。
http://www.wakayamabus.co.jp/kankujikoku.pdf

【追記】1月28日は南海電鉄のダイヤ改正も行われる関係で、和歌山市駅を発着する路線バスの一部にも若干の修正が入ることが発表されました。JR和歌山駅でも、0系統南海和歌山市駅ゆき1本が2分ずれる旨の掲載を確認しています。


さて、わか電さんからは毎年恒例の「たまチョコ」登場のお知らせが届きました。
ゴンチャロフ「アニマルショコラ」で、すべて手づくり!たま・ニタマを含めたオリジナルデザインのチョコ4個とたま・ニタマの実物の型取りをした肉球印を押印したポストカードが封入されて、税込み2,592円とややお高めですが、そこは完全手づくりなのと夏から試行錯誤した逸品ということなので仕方ないですね。

1月21日土曜日11時から、貴志駅で公開写真撮影会が開催され、その後、貴志駅と伊太祈曽駅で合計350個限定、ネットショップでは200個限定で販売されます。また、岡山高島屋でも1月25日から限定200個販売されるとのことです。  
Posted by わかやま小町 at 23:55Comments(2)和歌山交通ニュース