2018年03月14日

大十バス、海南駅-南海和歌山市駅間の運行を3月末で終了

大十バスは今日、ウェブサイトで、海南駅-南海和歌山市駅間の運行を3月31日で終了することを発表しました。
http://www.daijyu-bus.co.jp/

大十バスは旧野上電鉄の路線バスを引き継ぐ形で1994年に「オレンジバス」として運行を開始し、その後分社化して大十バスとなりました。当初は南海和歌山市駅発着は6往復設定されていて、登山口だけではなく、生石山ふもとの小川宮や美里温泉ゆきの設定もありましたが、徐々に減便され、現在は平日のみ登山口-南海和歌山市駅間が3往復運転となっていました。

少ないながらも、野上町(現・紀美野町)・海南市から医大病院、日赤医療センターへの通院利用を支えてきましたが、JR紀三井寺駅西口開設により駅から医大病院まで徒歩で通院できるようになったこと、野上厚生病院を発着する紀美野町コミバスの増加、海南市立医療センターの開業など、医療を取り巻く環境も変わるなか、乗客がさらに減少基調になった模様です。

4月1日からの新ダイヤも公開されており、南海市駅直通がなくなった分車両のやりくりがしやすくなった日中の増便と終発の繰り上げが行われるようです。  
Posted by わかやま小町 at 21:30Comments(0)和歌山交通ニュース

2018年03月14日

貴志川線でタケノコ掘り!

毎年好評の貴志川線でタケノコ掘り、今年も開催です。
3月15日から申し込み開始となりますので、早めにチェックしてくださいね。

開催日は4月8日(日)・22日(日)、両日とも12:20に伊太祈曽駅集合。四季の郷公園まで徒歩で向かいます。
応募資格は、当日貴志川線に乗車して伊太祈曽駅に来られる方で、定員は各日120名、合計240名。
参加費は中学生以上1,000円(鉄道運賃は別途必要。なお500円分の乗車券引換券がついてきます)。

申込みは3月15日から3月28日(必着)まで。
往復はがきもしくはPC・スマホから申し込みができます。

3月15日に募集ページが開設される予定ですので、それまでお待ち下さいね。
http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/  
Posted by わかやま小町 at 00:11Comments(0)和歌山交通ニュース

2018年03月12日

マエオカテツヤ×貴志川線!「妖怪電車」登場

和歌山市在住の漫画家、マエオカテツヤさんがニュース和歌山に連載している「妖怪大図鑑」と貴志川線がコラボ!
3月17日から4月19日の間、貴志川線に「妖怪電車」が走ります。南海色編成のうち1編成にマエオカテツヤさんの妖怪イラストを70点掲出です。

また春休みクイズラリーも同時開催。クイズシートに、和歌山駅9番乗り場もしくは伊太祈曽駅窓口で乗車確認印を押印してもらい、シートに記載されているクイズと、和歌山・伊太祈曽・大池遊園・貴志の各駅に掲出されているクイズ合計10問にチャレンジ、伊太祈曽駅窓口に持参すると正解数に応じてプレゼントがもらえます!

また3月21日の春分の日は和歌山11:55発の電車が「妖怪電車」としてイベント限定のクイズ大会が開催されるほか、伊太祈曽駅構内が「妖怪基地」として冥途カフェ、妖怪衣装での記念撮影などのイベントも。

なお、妖怪電車は運休日もありますのでご注意を。電鉄ウェブサイトで運行ダイヤを確認できます。

妖怪電車についてはこちら
http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2018/03/10/%e3%80%8c%e5%a6%96%e6%80%aa%e9%9b%bb%e8%bb%8a-in-%e8%b2%b4%e5%bf%97%e5%b7%9d%e7%b7%9a%e3%80%8d%e6%98%a5%e4%bc%91%e3%81%bf%e5%a6%96%e6%80%aa%e3%82%af%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc/

3月21日のイベントについてはこちら
http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2018/03/10/3%e6%9c%8818%e6%97%a5%ef%bc%88%e6%b0%b4%e3%83%bb%e7%a5%9d%ef%bc%89%e5%a6%96%e6%80%aa%e9%9b%bb%e8%bb%8a%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88/  
Posted by わかやま小町 at 20:30Comments(0)和歌山交通ニュース

2018年03月07日

ついに和歌山線に新車&ICOCA対応へ

JR西日本は今日、来年春から約1年かけて、和歌山線・桜井線向けの新型車両227系を投入することと、2020年春を目処に同区間でのICOCA等のICカード乗車券の利用を開始することを発表しました。

プレスリリースはこちら
http://www.westjr.co.jp/press/article/2018/03/page_12012.html

和歌山線は電化以来、常磐線各駅停車で運行されていた103系を改造した105系車両を中心に、国鉄型の車両で運転されてきました。奈良県内の五条駅から東ではJR型の221系の列車もありますが、現在和歌山県内の区間では2両または4両の105系、4両・2ドアの117系に限られています。
これらの列車の老朽化もあり、今回の新型車両導入となったようです。ステンレス車体に緑色がアクセントとなります。新聞報道を見る限り、大阪環状線の新型車両323系に準じた3ドアロングシートのようです。リリースには「紀勢線の一部」でも運転される旨の記載があることから、和歌山-和歌山市間でも運転される模様です。

227系は現在広島地区で活躍している新型車両で、阪和線・きのくに線等で運転されている225系をベースに、地方路線に対応した装備を有しています。今回2両編成を28本投入し、国鉄型の105系・117系で運転されている列車をすべて置き換える見通しです。

また車両にIC改札を設置し、乗車時と下車時にタッチすることでICカード乗車券が使えるようになります。

なお、117系はきのくに線での運用もあるほか、きのくに線紀伊田辺以南で運用されている105系が検査の際は、和歌山線の105系が代走していることからこれらの列車がどのようになるかは不明です。

これで和歌山線・桜井線の快適性が格段にアップしそうですね。  
Posted by わかやま小町 at 19:30Comments(0)和歌山交通ニュース

2018年02月24日

珍列車「B快速」廃止へ?!

今週、3月17日JRダイヤ改正に対応した時刻表が一斉に発売されましたが、兼ねてから案内されていた阪和線始発のB快速新大阪行き以外にも、阪和線の列車体系に一部変化があり、「B快速」が今回のダイヤ改正で廃止される可能性があることが明らかになりました。

B快速は、阪和線和歌山-熊取間が各駅停車、熊取-天王寺間が快速運転となる列車で、wikipediaの記述によると88年に設定されたのが始まりのようです。90年代半ば以降長らくは和歌山始発と午前中に数本設定されているのみでした。
駅や列車ではB快速と案内されますが、市販の時刻表や車内の停車駅案内では「快速の一部が和歌山-熊取間各駅停車」と案内されるなど、必ずしも案内が充実しているわけではありませんでしたが、「B快速」という列車種別は全国では阪和線のほか仙台地区でしか見られない希少なものでした。

00年代には天王寺発のB快速が設定されるなど増減がありましたが、現在は紀州路快速の大部分が熊取以南各駅停車とB快速と同等になりました。ただ大阪環状線直通もしくは関空快速と併結して「紀州路快速」として運転されますので「B快速」と名乗る列車自体はごく少数にとどまっていました。

市販の時刻表では現在のB快速に相当する列車が見当たらないことから、本改正で廃止ではないかと見られています。
3月にJRのダイヤ検索がダイヤ改正に対応することから、正式にはそれを待ちたいと思います。  
Posted by わかやま小町 at 23:35Comments(0)和歌山交通ニュース