2019年08月13日

わか電、キシカイセイなるか?!

わかやま電鉄の「名誉永久駅長」たまが、大明神になって4年を迎えた8月11日、わかやま電鉄から「キシカイセイ」プロジェクトが発表されました。
小嶋社長が明らかにしたものです。

既報の通り、昨年は台風による被災復旧費用に加え、関空の被災等によるインバウンド需要の低迷、人口減にともなう定期客の減などで、昨年度は過去最大の3,500万円の赤字を計上しました。このままでは債務超過に陥る可能性があることから、貴志駅になぞらえて「キシカイセイ」を目指そうと10の新規事業を一気に発表しました。

小嶋社長のメッセージはこちら。
https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2019/08/13/%e8%b2%b4%e5%bf%97%e5%b7%9d%e7%b7%9a%e3%82%92%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%aa%e3%81%94%e3%81%86%ef%bc%81-%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%97/


●第1弾「迷探偵コンナンクイズラリー 貴志川線最大の危機を救え!」
 9月1日(日)まで開催中。ちなみにどこかで聞いたことのあるフレーズですが、版元には許諾済みだそうです(笑)

●第2弾「あと5回きっぷ」の発売
 8月11日発売開始。190円区間の乗車券5枚セット。貴志川線の現状を説明する新聞紙風台紙つき。

●第3弾「枕木オーナー」の募集
 安全対策として交換する枕木約700本のスポンサー募集

●第4弾 登録有形文化財「伊太祈曽車庫」の観光資源化
 これまではイベント時のみの公開だった伊太祈曽駅車庫の活用を図ります。

●第5弾 クラウドファンディングの活用
 かねてから実施が検討されていました。貴志川線の永続に向けた取り組みへの支援を募ります。

●第6弾 副駅名称(命名権)、貴志川線サポーターの募集

●第7弾 キャッシュレス決済への対応
 8月11日より、売店でPayPay、Alipay対応。今後は他分野にも展開予定。

●第8弾 四季の郷公園味覚ゾーンとの連携強化
 2020年春に「道の駅」となる計画のある和歌山市四季の郷公園「味覚ゾーン」に電車からアクセスできる手段を計画。

●第9弾 観光いちご狩り事業への参入可能性を研究
 貴志川町内で人気のいちご狩りとの連携を模索。

●第10弾 三社参り周遊きっぷの開発
 貴志川線開業のきっかけとなった沿線三社参りへの原点回帰も。

マスコミ報道ではニタマ駅長をモチーフにした電車も検討している旨も報じられていますが、おそらくクラウドファウンディングの目的として検討されているのではないかと思われます。  
Posted by わかやま小町 at 22:52Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年07月02日

消費税率引き上げによる運賃改定申請、りんかんバスIC対応を発表

交通事業者各社は、今年10月1日に予定されている消費税率引き上げにともなう運賃改定申請を相次いで実施しています。

基本的には「現行運賃に110/108を乗じた金額」とし、10円未満は切り捨て・切り上げなどの対応を取ることとなっているようです。
和歌山都市圏に関連する鉄道事業者は以下の通り。

★JR西日本
 初乗りが140円から150円に。190~240円は現状維持。320円以上は増税分が値上げになります。
 特急料金等も増税分が値上げ。

★南海電鉄
 初乗りが150円から160円に。210~260円は現状維持。330円以上は増税分が値上げになります。
 特急料金も値上げとなりますが、泉佐野-関西空港間の特定特急料金、ラピートのスーパーシート料金は据え置き。

★和歌山電鐵
 310円区間以上が10円値上げになります。


現在のところ、和歌山バス、和歌山バス那賀からはリリースが出ていませんが、5%から8%への引き上げ時同様、適正に転嫁させる運賃改定を行うものとみられます。


また南海りんかんバスさんからリリースをいただきました。
南海りんかんバスでは来年3月のICカード対応開始を前に、現在の磁気式バスカードの取扱を今年10月末に終了することを発表しました。機器の取り替えに時間がかかることから、磁気式バスカードの取り扱いからICカード対応開始までの5ヶ月間は紙式の回数券を一時的に発売するとのことです。

http://www.rinkan.co.jp/blog/wp-content/uploads/2019/06/%E7%A3%81%E6%B0%97%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%80%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%E3%80%80%EF%BC%A8%EF%BC%B0.pdf

県内のバス事業者でIC対応を正式に発表したのは南海りんかんバスが初です。
なお、和歌山バス・和歌山バス那賀からの正式リリースはありませんが、和歌山バス・和歌山バス那賀へのICカード導入を前提とした補助金を沿線自治体が負担する予算が議会で承認されていることから、今年度内のICカード対応はほぼ確実とみられ、来春、和歌山県内では和歌山バス・和歌山バス那賀・南海りんかんバスの3事業者でICカードでの利用ができるようになる見通しです。  
Posted by わかやま小町 at 20:25Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年06月30日

わか電、2018年度決算発表。大幅な減収

和歌山電鐵の2018年度決算が、貴志川線の未来を"つくる"会の会報を通じて発表されました。

昨年度はインバウンドが減少傾向にあったところに、関西空港が被災したことが追い打ちをかける格好になり、外国人の団体利用が前年度比2割減少し、定期外利用全体として前期比4.6%減少。通勤定期も団塊世代のリタイアが進んだことなどから3.3%減少、少子化のなかでも比較的好調を維持してきた通学定期も3.5%減少。全体としては前年度比3.8%減少の208.6万人と、開業以来初めて210万人を下回る結果となりました。

乗客減少による収入減に加えて、台風21号の影響で貴志川線設備も一部被災した関係で修繕費用も予想外にかさみ、最終的には3,500万円と開業以来最大の赤字を記録する結果となってしまいました。

2016年度から、行政からの運営支援は赤字補てんではなく設備更新に目的を変えているため、この赤字額はすべて電鉄がかぶることになり、累積損失が膨らむことになります。

なお、運行の安全確保上欠かせない、老朽化した設備の更新については行政補助をうまく活用しながら進められています。今年度は枕木の交換などが計画されているそうです(貴志川線運営委員会での報告内容より)。

阪和道和歌山南スマートICの開通に合わせてバイパスが開通するなど利便性が向上しており、貴志川線を取り巻く環境は年々厳しさを増していますが、現場は限られた人員のなかで最大限の取り組みを進めています。
ヤマト運輸との貨客混載事業の再開に続いて、貨客混載エリアの拡大も模索中。また、来年度リニューアル開業予定の和歌山市「四季の郷公園」の運営コンソーシアムに和歌山電鐵も名前を連ねているなど、収益向上に向けた取り組みも模索されています。

まずは収支均衡を目指して、和歌山電鐵と沿線各団体の努力は続きます。  
Posted by わかやま小町 at 00:07Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年06月04日

今年も実施決定!「絵手紙電車」

今年で5回目となる、貴志川線「絵手紙電車」の開催が決まり、募集が始まりました。これまで4回、1500通前後の絵手紙が全国はもとより海外からも寄せられる人気企画となっています。
今回は昨年度から日本動物愛護協会がラッピング電車を走らせていることから、動物愛護もテーマに加わり、さらにパワーアップしました。

■募集テーマ
 (1) ガンバレ貴志川線 (貴志川線と猫社員たちを応援しよう)
 (2) 動物愛護 (守ろう小さな命、動物愛護週間、我が家のネコちゃんワンちゃん)
 (3) 絵手紙電車に寄せて (なんでもOK、自由な絵手紙を)
■課題
 ・自由(電車、駅、猫の駅長、沿線の風景、草花、果物、お国自慢など、何でも可)
 ・貴志川線への 応援メッセージを添えてご応募ください
  ※「応援メッセージ」は裏面(絵と同じ面)にお書きください
■締切
 2019年7月21日(日)必着
■作品規定
 通常はがき サイズ (短辺9cm~10.7cm×長辺14cm~15.4cm)で、ひとり1点まで。
 応募いただいた絵手紙は返却しません

■応募方法
 はがきに住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、〒640-0361 和歌山市伊太祈曽73 和歌山電鐵「絵手紙」係

■作品展示
 応募いただいた絵手紙は、2019年9月頃から11月頃の予定で貴志川線動物愛護ラッピング電車で展示  
Posted by わかやま小町 at 23:46Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年05月28日

和歌山線227系運用増加?

今週に入り、JR紀勢本線の和歌山-和歌山市間を利用されている方から「6月1日から電車のドアが押しボタン式になる」という放送を聞いたというツイートが多数出回っています。

まだJRさんからの正式発表はありませんが、もしこのツイートの内容が本当であれば、3月のダイヤ改正で和歌山線・きのくに線の一部列車に充当されるようになった新型車両227系1000番代の運用が、6月1日から増加することを意味します。和歌山-和歌山市間を運行している現行の105系電車は和歌山線の電車とも共通運用されていますので、「6月1日から、和歌山線の一部と、紀勢線和歌山-和歌山市間に新型車両が充当される」ことになるかもしれません。

227系1000番代は順調に製造が進んでおり、年内に現在の和歌山線・桜井線の車両を置き換えるだけの車両が出揃う見通しになっていることから、準備が整ったところから導入を実施するのかもしれません。

和歌山駅の7番線・8番線に105系が並ぶのは5月末で過去帳入りするかも?  
Posted by わかやま小町 at 22:59Comments(0)和歌山交通ニュース