2022年02月20日

わか電、スマホ定期券に「通学1年定期」を追加設定

和歌山電鐵では昨年2月からスマホ向け無料アプリ「バスもり!」を活用した「スマホ定期券」を販売していますが、今年から通学専用の1年定期券をスマホ定期券専用で発売することを発表しました。

【購入可能期間】 毎年3月18日~4月30日
【定期有効期間】 毎年4月1日~翌年3月31日
【対象区間】 貴志川線内で完結する通学定期券(JR連絡定期は対象外)
【支払方法】 クレジットカード、コンビニ決済、支払秘書アプリのいずれか
【価格】
 190円区間 42,740円、250円区間 56,100円、320円区間 69,570円、370円区間 80,790円、410円区間 89,760円
 いずれも6か月定期を2回買うより安くなっています。なお大人用(中学生以上)のみの設定です。
 購入時には通学証明書と学生証等の写真のアップロードが必要となります。
【備考】乗車時・下車時にはスマホ画面を係員に提示することで利用可能。電池切れなどで表示できない場合は、通常運賃の支払いが必要になります。

和歌山市近辺で1年定期を導入するのは和歌山バス・和歌山バス那賀についで3社目。通学利用の増加につながればいいですね。  
Posted by わかやま小町 at 20:39Comments(0)和歌山交通ニュース

2022年02月08日

「和歌山バス那賀沿線お出かけガイド」できました!






わかやま小町では、和歌山バス那賀さま「和歌山バス那賀沿線お出かけガイド」の制作に参加させていただきました。
A3判二つ折り(A4判4ページ)で、和歌山バス那賀の一般路線全線の路線図と沿線の観光施設、史跡などを紹介。お問い合わせの多い、根来寺への行き方を図説しているほか、沿線を巡るモデルルートもご紹介しています。

和歌山バス那賀の本社営業所、紀伊駅前乗車券発売所などで入手できます。1日フリー券をもってぜひお出かけください。  
Posted by わかやま小町 at 21:05Comments(0)お知らせ

2022年01月25日

【追記あり】貴志川線で「リアル謎解きゲーム」!

【2022.1.28】和歌山県内で新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的とした「まん延防止等重点措置」の適用が事実上確実となったことから、本事業はいったん延期となりました。

 和歌山電鐵さんからリリースをいただきました。
 新型コロナ禍でどこか一堂に会してのイベントが困難ななか、それを逆手にとって、分散型イベントとして「リアル謎解きゲーム」を1月29日から参加費無料で開催することになったそうです。

【名 称】たま駅長と不思議なきっぷ
【開始日】1月29日(土)から、5000部用意されている参加キットがなくなるまで実施
【参加方法】
 (1)謎解きキットを入手する
  キットは和歌山駅9番ホーム(始発~終電)、伊太祈曽駅(9:00~17:30)、貴志駅(10:00~16:00)
 (2)和歌山駅9番ホームもしくは伊太祈曽駅乗車確認印を受領’(謎解きの途中で構いません)
 (3)和歌山・伊太祈曽・貴志駅と電車のなかにある手がかりを5つの謎を解いて、伊太祈曽駅の窓口にて答え合わせ。謎解きに成功するとクリア証がもらえます

【参加費】無料ですが、電車のなかにも手がかりがあることから、1日乗車券を利用して3駅を巡りながらチャレンジすることをお勧めします。所要時間は乗車時間を含め約2時間程度だそうです。

 詳細は1月29日から以下のウェブサイトで公開されるとのこと。
 https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/nazotoki

 和歌山県は新型コロナのオミクロン株の感染が拡大していますが、感染対策を万全にしながらめぐってみてくださいね。  
Posted by わかやま小町 at 22:54Comments(0)和歌山交通ニュース

2022年01月13日

わか電、スマホで1日乗車券!

和歌山電鐵はスマートフォンを活用した「デジタル乗車券」の販売を開始します。リリースをいただきましたのでご紹介します。

まず第1弾として、明日14日17時から「スマホ1日乗車券」の取り扱いを開始します。
乗車する日の14日前から、クレジットカード決済で購入可能。金額は窓口購入の1日乗車券と同じ、大人800円、子ども400円。
アプリのダウンロードは不要で、ウェブアプリの画面を係員に提示するだけでOK。しかも利用開始期限までであれば手数料無料で払い戻しが可能になります。

何より事前決済が可能になりますので、途中駅から乗車する場合でもわざわざ下車時に買い求める必要もありません。遠方から来られる場合も和歌山駅窓口に並ぶ必要もなくスマートに乗車可能となります。

「1日乗車券以外への展開も検討中」とのこと。通勤定期券であれば同じ仕組みで購入できるのではないかな…とか思ったりしますが、さて。

購入サイトは本日からオープン。購入自体は明日の17時から可能となります。
https://wakayamadentetsu-ticket.jp/  
Posted by わかやま小町 at 20:56Comments(0)和歌山交通ニュース

2022年01月12日

和歌山バス、増発改正

和歌山バスは1月22日にダイヤ改正を行うことを発表しました。

今回の改正では、前回改正で運行を休止した土休日運行の122系統(JR和歌山駅-和歌山城前-和歌浦口-マリーナシティ)の運行再開、休日運休となっていた44系統(南海和歌山市駅-本町2-JR和歌山駅-新手平-紀三井寺駅-医大病院)の運行再開、平日夕方の上り27系統(県庁前→JR和歌山駅)の増発など、増発がメインとなります。また一部路線で時刻変更が実施されます。

新型コロナウイルス感染症の拡大が落ち着いたことによる旅客流動に合わせた改正・・・のようなのですが、まさかの改正直前に新型コロナウイルス感染症が急速に再拡大するタイミングとなってしまいました。

交通事業者のダイヤ改正は企画から実施まで相当時間をかけるのが一般的。おそらく企画段階では和歌山県内の感染者数がごくわずかだったのではないかと思われます。少なくともダイヤ改正時には感染者数が減少トレンドに入っていることを願わずにいられません。

和歌山バスのリリースはこちら
https://www.wakayamabus.co.jp/news/kaisei20220122/  
Posted by わかやま小町 at 21:24Comments(0)和歌山交通ニュース