2021年11月18日

わか電、貴志川線沿線みかんの産直販売を開始!

和歌山電鐵では、昨日から、沿線で収穫されたみかんの産直をネットショップ限定で開始しました。
和歌山はみかんどころではありますが、そのなかでも貴志駅にみかんを納品していた「よけそ農園」産で手作業で仕分けられたみかん4kgを、たま電車の模様がプリントされた化粧箱、それに緩衝材を兼ねた(?)猫の爪とぎつき。

化粧箱は使い終わったら、形に沿って切り取ればミニたま電車の出来上がり。猫の爪とぎをそこに敷けば猫の居場所に早変わり!
ということでそのあたりの模様は和歌山放送のウェブニュースの写真をご参考に・・・
https://news.wbs.co.jp/166199

税込み4,500円で販売中、くわしくはネットショップをご参照ください。なかなかいいですぞ。。。
https://shop.wakayama-dentetsu.co.jp/lp/21  
Posted by わかやま小町 at 20:55Comments(0)和歌山交通ニュース

2021年11月01日

和歌山市、地域バス実証運行開始

和歌山市は今日11月1日から12月28日まで、市内3地区で地域バス・乗り合いタクシーの実証運行を実施します。
昨年度実施が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で延期されていたもので、2ヶ月の実証運行の結果を元に本格運行に向けた検討が行われます。

【湊地区】湊文化会館-ガーデンパーク-南海和歌山市駅
【有功地区】やまびこ公園-オークワ六十谷店-JR六十谷駅
【木本地区】緑ヶ丘-労災病院-南海八幡前駅

このうち、湊地区は、南海和歌山市駅と御膳松を結んでいた和歌山バス80系統、木本地区は南海和歌山市駅と木の本・ふれあいの郷を結んでいた和歌山バス76系統をベースに、少し細い路地をカバーすることで、路線バス時代以上に住民の交通手段を確保する意味合いも含まれています。

運行ルートはこちらの和歌山市プレスリリースをご覧ください。
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/041/065/2021102803.pdf  
Posted by わかやま小町 at 19:22Comments(0)和歌山交通ニュース

2021年10月30日

【お知らせ】wap+ 2021年10月改訂版が発行されました

「わかやま小町」の活動の原点は貴志川線存続問題に端を発した「和歌山都市圏の公共交通利便性の向上」でして、和歌山都市圏の鉄道・バスの路線図を1枚にまとめた路線図「wap」はデザイン性等が高く評価され、JCOMM(日本モビリティ・マネジメント会議)で第1回JCOMMデザイン賞を受賞した経験があります。
その後も、和歌山市交通政策課さんのご協力で数度制作をさせていただきました。

その後は外国語版や、和歌山市を4エリアにわけたエリア版の発行などの工夫を重ねています。
観光や公共施設等に関する情報を盛り込むことになったのと、従来の地図ベースの地図ではどうしても中心部の情報量が多くなってしまい、文字が見づらいなどという声を受けまして、従来の地図ベースから模式図形式に切り替えましたが、現在も毎年1回のペースで制作をしていただいています。

この「wap+」の2021年10月バージョンが出来上がりまして、和歌山市役所ほかで配布が始まっています。



電子データ版は和歌山市交通政策課ウェブサイトからダウンロードもできますので、どうぞご活用ください。
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/kurashi/douro_kouen_machi/1007740/1016143.html  
Posted by わかやま小町 at 21:42Comments(0)お知らせ

2021年10月29日

貴志川線"まるごと体験"まつり

和歌山電鐵では開業以来ほぼ毎年「貴志川線まつり」が開かれてきました。
西貴志コミュニティセンターで開催されたこともありますが、ほとんどが伊太祈曽駅・伊太祁曽神社で開催され、毎回多くの来場者で賑わっていました…が、新型コロナウイルス感染症の拡大以降、開催が見送られてきました。

主催の貴志川線運営員会では、完全事前予約制の形で「貴志川線"まるごと体験"まつり」を久々に開催することになり、今日、その概要が発表されました。
https://wakayama-dentetsu.hp.peraichi.com/marugoto_taiken

開催日:11月14日(日)
場所:伊太祈曽駅構内

主な催し
●車庫&洗車体験ミニツアー(モーターカー体験コース・車掌体験コース)
●ヘッドマーク作り体験
●盆ラマ®作り体験(ワークショップ)

11月1日より上記ウェブサイトで申し込みの受付が行われることになっています。  
Posted by わかやま小町 at 22:04Comments(0)和歌山交通ニュース

2021年10月26日

和歌山県、昨年度版の公共交通機関資料集を公開

和歌山県総合交通計画課は今週、昨年度の県内公共交通機関資料集を公開しました。
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020500/book_d/fil/shiryoshu.pdf

鉄道・バス・フェリーの昨年度の利用状況が一覧で確認できます。

気になる新型コロナの影響ですが、鉄道ではどうでしょうか。

和歌山県域のJR線の年間利用客数は以下の通り。
★阪和線 4,438千人(前年度比▲22.2%)
★和歌山線 7,204千人(前年度比▲13.5%)
★紀勢本線 25,292千人(前年度比▲21.8%)

和歌山県域の南海線の年間利用客数は以下の通り。
★南海線 4,329千人(前年度比▲28.6%)
★和歌山港線 95千人(前年度比▲45.4%)
★加太線 4,065人(前年度比▲20.9%) 
★高野線 3,095千人(前年度比▲35.4%) 

和歌山電鐵の1日あたり利用客数は以下の通り
1,422千人(前年度比▲21.0%)

・・・と軒並み大幅な減少となっていました。

路線バスについては、新型コロナの影響がさらに大きいと思われるのですが、調査が行き届いていないのかどうかは不明ですが、乗車密度(1kmあたり乗客数)については前年度と同じ数値の路線が多く、昨年3月のデータが準用されている箇所も多く、あまり参考にならないかもしれません…。  
Posted by わかやま小町 at 22:54Comments(0)和歌山交通ニュース