2018年05月12日

6月1日から阪和線一部駅でドアの半自動化

JR西日本は6月1日から、阪和線の一部駅・一部列車でドアの半自動化を始めることを明らかにしました。

今回対象となるのは、普通列車が快速や特急列車の通過待ちを行う場合、快速列車が特急列車の通過待ちを行う場合、日根野駅で関空快速と紀州路快速の連結をする間、始発となる駅(天王寺を除く)などとみられ、通常の停車駅で列車の待避をせずにすぐに発車する場合は半自動扱いにはなりません。またダイヤが乱れている場合など、乗務員の判断で半自動扱いにはならないケースもあるようです。

半自動扱い中はドア横のボタンを乗客が押すことでドアを開けたり閉めたりできることから、車内温度を保つ効果が期待できます。

和歌山地区では和歌山駅で阪和線・きのくに線の快速・普通列車の大半が、またきのくに線内は223・225系で運転される列車はすべて半自動扱いとなっていて、だいぶん周知されてきましたが、阪和線でも同じような取扱が始まることで一層エコにつながるかもしれませんね。

同じカテゴリー(和歌山交通ニュース)の記事画像
wap+ 2019年改訂版間もなく登場!
2月23日、和歌山線新型車両に手をふろうキャンペーン!
JR西×わか電、鉄むすコラボ実現!
和歌山・奈良地区新型車両227系1000番台 報道公開!
9月2日、貴志駅前に観光交流拠点オープン!そしてあのボタンが…?!
来年1月5日はあの見習いが昇格…?
同じカテゴリー(和歌山交通ニュース)の記事
 今年も実施!貴志川線でたけのこ掘り/和歌山バス新ダイヤ (2019-03-22 19:38)
 wap+ 2019年改訂版間もなく登場! (2019-03-14 23:53)
 南海、4月6日ダイヤ改正 ほか (2019-03-06 23:48)
 和歌山バス、和歌山バス那賀、3月31日限りで一部系統廃止 (2019-02-28 22:35)
 市駅バス乗り場、工事により6ヶ所に集約へ (2019-02-20 20:44)
 和歌山バス、2020年にIC対応へ (2019-02-14 08:52)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。