2017年10月06日

和歌山駅に「のりかえ改札機」/JR西初!「鉄道むすめ」

JR西日本は今日、和歌山線の五条-高田間で来春からICカードの利用が可能になることを発表しました。同時に、JR和歌山駅の7・8番ホームに「のりかえ改札機」を設けることを発表しています。
この「のりかえ改札機」は、関西ではJR神戸線の兵庫駅(JR神戸線-和田岬線)、加古川駅(JR神戸線-加古川線)、姫路駅(JR神戸線-播但線・姫新線)に設置されており、相互の路線を乗り換える際に乗車券もしくはICカードをこの「のりかえ改札機」に通して、仮に運賃の不足分がある際は精算することができるものです。
今回和歌山駅に設けされる「のりかえ改札機」は、JR阪和線・きのくに線と和歌山線・紀勢線和歌山市方面との相互乗り換えの際に利用されることになっています。朝ラッシュの和歌山駅到着時の混雑が少し気にはなりますが、特に無人駅が多い和歌山線沿線からの不正乗車の抑制が期待できそうです。

http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/10/page_11258.html

それと、JR西日本では初の「鉄道むすめ」が登場します。白浜駅をイメージした「黒潮しらら」で、10月14日に白浜駅に登場。アロハシャツを着用し、パンダを背中に背負っています。わかやま電鉄の「神前みーこ」など、関西でも鉄道むすめシリーズは人気ですので、集客に一役買ってくれそうですね。

http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/10/page_11257.html

同じカテゴリー(和歌山交通ニュース)の記事画像
来年1月5日はあの見習いが昇格…?
紀の川エリア周遊サイクリング、わか電新グッズ
貴志川線夏休み子どもスタンプラリー開催!
新たな駅長見習いは「よんたま」!ほか
え、たま+おも電車?! そして1月5日何か起こる!
第10回貴志川線祭り、11月6日開催!
同じカテゴリー(和歌山交通ニュース)の記事
 わか電✕動物愛護協会 ラッピング電車、6月18日から運行 (2018-06-14 22:27)
 和歌山市、デマンド型乗り合いタクシーの実験へ (2018-06-01 21:03)
 オーシャンアロー283系は2020年代半ばで引退? (2018-05-19 21:52)
 6月1日から阪和線一部駅でドアの半自動化 (2018-05-12 00:24)
 和歌山バス22系統、5月6日運転 (2018-05-02 22:27)
 たま名誉永久駅長、19回目の誕生日! (2018-04-27 21:20)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。