2017年10月28日

南海線はまず単線で運転再開へ

南海電鉄は今日、台風21号による大雨の影響で運休がつづいている樽井-尾崎間について、被害がなかった上り線を使って単線での運転再開に向けた作業を進めていることを正式に発表しました。
http://www.nankai.co.jp/var/rev0/0007/9392/saikaimikomi.pdf

樽井駅での難波方面への折り返し線を活用することで、新たに渡り線を設けることなく実現させる見通しで、保安設備の準備と当局の確認ののち、できるだけ早く運転を再開させる方針。概ね毎時2往復の普通車(朝夕には区間急行も)を運転できる見込み。これだけでも現行の代行バスよりも輸送力は向上しそうですね。
なお、今回被害を受けた下り線は1ヶ月程度で仮復旧の見通しとのことです。


一方、上古沢駅で路盤流出があった高野線ですが、最大80cmほどの高さの路盤が流出しており、復旧の目処は今のところ立っていないとのことです。

同じカテゴリー(和歌山交通ニュース)の記事画像
来年1月5日はあの見習いが昇格…?
紀の川エリア周遊サイクリング、わか電新グッズ
貴志川線夏休み子どもスタンプラリー開催!
新たな駅長見習いは「よんたま」!ほか
え、たま+おも電車?! そして1月5日何か起こる!
第10回貴志川線祭り、11月6日開催!
同じカテゴリー(和歌山交通ニュース)の記事
 わか電✕動物愛護協会 ラッピング電車、6月18日から運行 (2018-06-14 22:27)
 和歌山市、デマンド型乗り合いタクシーの実験へ (2018-06-01 21:03)
 オーシャンアロー283系は2020年代半ばで引退? (2018-05-19 21:52)
 6月1日から阪和線一部駅でドアの半自動化 (2018-05-12 00:24)
 和歌山バス22系統、5月6日運転 (2018-05-02 22:27)
 たま名誉永久駅長、19回目の誕生日! (2018-04-27 21:20)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。