2017年03月01日

【追記あり】和歌山バス那賀、ついに橋本から撤退

 和歌山バス、和歌山バス那賀は、4月1日付の一部路線廃止を発表しました。

●和歌山バス那賀
 橋本線(南海和歌山市駅-那賀営業所前-橋本駅前)の那賀営業所前-橋本駅前の区間が3月31日運行をもって廃止となります。
 最盛期は1時間に3本、急行バスも運転されていた路線でしたが、和歌山線の電化・増発、京奈和自動車道開通、自動車増加、人口減少など、複合的な要因で利用者が激減しており、10年ほど前までは1時間に1本が確保されていましたがそれも徐々に減少し、末期は那賀営業所前-橋本駅前間は平日1日2往復にまで減っていました。
 バス路線は廃止となりますが、紀の川市・かつらぎ町・橋本市は、それぞれコミュニティバスが市町域の隅々まで運行されていますので、JR和歌山線とコミバスが事実上の代替となるようです。

●和歌山バス
 和歌山市内線のうち、海南駅前-藤白浜間、木の本線のうち南海和歌山市駅-土入橋東-北島間が廃止となります。
 海南駅前-藤白浜間は2015年11月のダイヤ改正時に海南出張所が廃止され、和歌山営業所に統合されたこともあり、廃止は時間の問題とみられていました。
 木の本線は、御膳松線80系統廃止時に、北島-土入橋間について、76系統の経由地を変更することで事実上代替する措置がとられていましたが、利用は伸びず、この区間を廃止することが、和歌山市地域公共交通会議で昨年度決議されていました。
 これにより、76系統はもとの北島橋経由に戻ります。

 これらにともなうダイヤ改正が4月1日に実施される見通しです。

※3月1日17:30追記 現在のところ、ウェブサイトではまだ発表されていません。バス停等での案内の掲出作業が優先されているものと思われます。間もなくウェブサイトにも掲載されるかと思いますので、同社への問い合わせなどはなさらないようにお願いします。

同じカテゴリー(和歌山交通ニュース)の記事画像
和歌山・奈良地区新型車両227系1000番台 報道公開!
9月2日、貴志駅前に観光交流拠点オープン!そしてあのボタンが…?!
来年1月5日はあの見習いが昇格…?
紀の川エリア周遊サイクリング、わか電新グッズ
貴志川線夏休み子どもスタンプラリー開催!
新たな駅長見習いは「よんたま」!ほか
同じカテゴリー(和歌山交通ニュース)の記事
 フェスタ・ルーチェ×和歌山バスコラボ!イルミネーションバス運行決定! (2018-10-17 21:07)
 貴志川線まつり、11月4日に開催! (2018-10-17 21:00)
 わか電「ねこ社員たちのつぶやきカレンダー」新社員も登場! (2018-09-21 23:28)
 JR西日本、昨年度の利用実績を公開 (2018-09-21 00:21)
 和歌山・奈良地区新型車両227系1000番台 報道公開! (2018-09-11 23:39)
 和歌山県内の鉄道、台風21号の被害からの復旧進む (2018-09-07 21:42)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。