2019年09月30日

和歌山バス・成田空港交通、夜行高速バス11月1日運賃改定、ほか

和歌山バスと成田空港交通は、11月1日出発便から夜行高速バスの運賃を改定することを発表しました。
http://www.wakayamabus.co.jp/news/yakou_fare20191101/

10月1日の消費税率引き上げにともなう運賃改定時に、夜行高速バスの運賃改定は11月1日に実施することがアナウンスされていましたが、今日9月30日付けでの発表となりました。出発日・出発地に関わらず一律200円値上げ(ただしC運賃適用日の早割は据え置き)となります。


また明日10月1日の和歌山バス一般路線の運賃改定にともないJR和歌山駅・南海和歌山市駅の案内看板が取り替えになりますが、この改定を担当させていただきました。JR和歌山駅の1番~4番乗り場の改定版案内図のPDFをこちらでご紹介しています。
http://ocean547.net/wap/


なお、和歌山市交通政策課が発行している「wap+」についても10月改定版が登場します。この改定についても当方でお手伝いさせていただきました。10月下旬にお目見え予定です。こちらもどうぞ。  
Posted by わかやま小町 at 21:34Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年09月13日

和歌山都市圏公共交通機関、2019年秋の話題

先日、和歌山市主催の会議の場で、各交通事業者等から情報提供がありました。
いくつかご紹介いたします。なお、まだ詳細が決まっていないものもありますが、決まればリリースいただけるとのことですので、現時点では下記の各件について、事業者さんへのお問い合わせはなさらないようにお願いします。

【JR西日本】
 今月末に、JR和歌山線が新型車両227系に統一されますが、これに伴い運用を離れる105系電車の引退記念イベントの計画があるそうです。詳細が決まればリリースされるとのことです。

【南海電鉄】
 加太さかな線の利便性向上の一環で、トイレが設置されている駅で今後、洋式化・男女完全分離化などの改修工事が順次行われる予定だそうです。

【和歌山バス】
 今年4月から運用をスタートしたバスロケーションシステムは毎月15万件前後の利用があるそうです。和歌山市等の財政支援を活用したICカード導入は現在準備中、年内には仕様などを正式発表できる見通し。

【南海フェリー】
 今年度「フェリーあい」を新造中。夏に進水し、現在は内装などの艤装を進めているところ。グリーン席が2階になり、船内エレベータなどバリアフリー設備も設けられる予定だそうです。

【和歌山市】
 紀三井寺団地地区の地域バス、加太地区のデマンドタクシーに続く地域公共交通機関の運行について、和歌山市内3地域で地域側の運営組織の準備を進めているそうです。

【和歌山大学】
 今年秋から、MaaSの研究がスタートする計画。


----

上記とは別に、ひとつ残念な話題ですが、和歌山バス那賀で、創業22(ツーツー)周年を記念して運行が開始された、和歌山バス創業時の復刻塗装を施した車両が先ごろ引退しました。

南海ウイングバス南部からの移籍車をベースに、写真や社員・和歌山バスファンのみなさんの記録や証言などを元に、外装を相当忠実に再現した車両でしたが、老朽化には勝てず、引退となったとのことです。晩年は側面が不法投棄防止を呼びかけるラッピング広告をまとうなど、ファンからするともったいたい!と思わせる出来事もありましたが、バスファンでなくても「昔懐かしい」と好評だっただけに残念ですが、やむを得ませんね。  
Posted by わかやま小町 at 20:27Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年09月08日

今年も絵手紙電車運行開始!

わかやま電鉄では、昨日9月7日より「絵手紙電車」の運行を開始しました。
5回めを迎える今年は、日本のほかフランス、イタリアからも絵手紙の投函があり、合計で1578通にものぼったといいます。これまでも1400~1700通届いたそうですので、人気は健在ですね。

この絵手紙は、動物愛護ラッピングが施されている2274編成にすべて掲出され、11月29日まで運行されます。


この絵柄のヘッドマークも掲出されています。  
Posted by わかやま小町 at 18:32Comments(0)和歌山交通ニュース

2019年09月05日

消費税引き上げによる運賃改定認可

10月1日の消費税率引き上げに伴う鉄道・バス運賃の改定について、鉄道については申請段階の情報を7月にご紹介しました。
http://komachi.ikora.tv/e1393040.html

そして、今日9月5日に、鉄道・バス事業者の運賃改定が一斉に認可され、和歌山都市圏の鉄道については7月の記事のとおりとなりました。

バスについては認可と同時に一斉に記者発表があり、和歌山バス・和歌山バス那賀とも消費税率改定分を適正に転嫁する運賃改定をおこなうことを正式に発表しました。
和歌山バスは現行100円・220円・230円区間は据え置き。それ以外は10円引き上げ。なお夜行高速バスは11月1日付の運賃改定。
和歌山バス那賀は現行260円以下は据え置き。それ以外は10円引き上げ。

関空リムジンバスは一足先に認可が下りており、JR和歌山駅-関西空港間は1,200円となります。  
Posted by わかやま小町 at 22:44Comments(0)和歌山交通ニュース