2017年04月10日

JR紀勢本線 和歌山-和歌山市間もIC対応に!

JR西日本と南海電鉄は今日、和歌山市駅を介したIC連絡定期券の発売と、これに合わせてJR紀勢本線の和歌山-和歌山市間のIC乗車券での利用をスタートすることを発表しました。

JR西日本のリリース
 http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/04/page_10293.html
 http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/04/page_10267.html
南海のリリース
 http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/170410.pdf (PDF)

これまで南海線は全線、JRも阪和線ときのくに線和歌山-海南間と特急停車駅で交通系ICカードは使えましたが、和歌山市駅と和歌山駅を連絡するJR紀勢本線についてはICカードの利用対象外となっていました。今回、和歌山市駅でのIC連絡定期券の発売がスタートすることになり、同区間でもICカードが利用できることになります。

時期は今年7月の予定となっています。明日11日から現在の南海和歌山市駅ビルの解体工事が始まり、今年7月頃を目処に駅設備の整備がひとまず完了するのに合わせて対応するものとみられます。
この時期は和歌山市最大の花火大会「港祭り」が行われ、和歌山市駅が一番賑わう頃でもありますので、この時期が一つの目安になるのではないかと思われます。あくまで予想ですけれども・・・。  
Posted by わかやま小町 at 22:59Comments(1)和歌山交通ニュース